プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立システム、オラクル仮想化技術によるシステム基盤統合ソリューションの提供を開始

2009年3月4日(水)

日立システムアンドサービスは2009年3月2日、日本オラクルが提供する「Oracle Database」「Oracle WebLogic Server」「Oracle VM」「Coherence」などを利用し、クラウド・コンピューティングやサーバー仮想化を実現し、次世代システム基盤の構築に備える「システム基盤統合ソリューション」の提供を2009年4月1日から開始すると発表した。

この「システム基盤統合ソリューション」は、Oracle Databaseと親和性の高いアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」や、イン・メモリー・データグリッド「Coherence」を用いたアプリケーションサーバ基盤の統合を可能にするもの。これにより、オラクル製品を利用したクラウド・コンピューティングやサーバー仮想化を実現する次世代システム基盤の構築に備え、システム基盤全体を統合運用管理ツール「Oracle Enterprise Manager」で統合管理することで、システム運用にかかるコストの削減を実現する。データベース基盤を統合した場合、統合する前と比較して年間のシステム運用にかかるコストを30%以上削減することが可能なケースもあるという。

さらに、プラットフォームを最適化するサーバー仮想化テクノロジ関連製品である「Oracle VM」「Oracle Real Application Clusters」「WebLogicクラスタ」「Coherenceグリッド」を組み合わせ、データグリッドが進化したクラウド・コンピューティングにも拡張可能なプラットフォームを実現する。

同ソリューションは、他の業務システムとの連携を実現する「Oracle SOA Suite」やデータを視覚的に分析する「Oracle Business Intelligence」などの「Oracle Fusion Middleware」を支えるシステム基盤構築を推進する役割も担い、コスト削減だけでなく、新たなシステム準備としても利用できる。

同社は、同ソリューションを金融・証券・保険業やデータセンターを運営している顧客等に向け販売し、2011年度までに約25億円の売り上げを目標としている。


日立システムアンドサービス
http://www.hitachi-system.co.jp/index.html

関連記事

日立システム、オラクル仮想化技術によるシステム基盤統合ソリューションの提供を開始日立システムアンドサービスは2009年3月2日、日本オラクルが提供する「Oracle Database」「Oracle WebLogic Server」「Oracle VM」「Coherence」などを利用し、クラウド・コンピューティングやサーバー仮想化を実現し、次世代システム基盤の構築に備える「システム基盤統合ソリューション」の提供を2009年4月1日から開始すると発表した。

PAGE TOP