[市場動向]

Part2 技術持ち寄りでSaaS基盤を開発 品揃えや営業は個別展開へ

2009年3月11日(水)

NTTグループのSaaS戦略 NTTコミュニケーションズとNTTデータ、NTT(持ち株会社)の3社は2008年9月、SaaS基盤を共同開発することを発表した。 通信や企業システムに実績を持つ巨大グループがSaaS市場にもたらす影響は大きい。 どんな枠組みで、どう取り組もうとしているのかをまとめる。

電話やファクシミリを中心とした“レガシー”事業から、IP通信と各種ソリューションを組み合わせた新しいインフラ事業、すなわちNGN(次世代ネットワーク)に軸足を移してビジネス基盤を築きたいNTTグループ。そのNGN上のキラーアプリケーションと位置付けているのがSaaSである。

具体的な行動に打って出たのが2008年9月のこと。NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)、NTTデータ、NTT(持ち株会社)3社がSaaS基盤の共同開発を発表した。「SaaS Over NGN」の旗印の下、SaaSの普及をグループ全体で後押しすると同時に、グループ内でSaaS関連分野の重複投資を避け、シナジー効果を上げることを狙ったものだ。

3社は現在、SaaS基盤整備に向けて合同で作業を進めている。構成の核となるのはNTTコムの「BizCITY for SaaS Provider」と、NTTデータの「VANADIS SaaS Platform」だ。いずれもSaaS基盤技術として別個に提供してきたものだが、相互の機能を補完し、技術的な連携をとるために、2社の担当者レベルの会合を毎週持ち、さらに月に1回はNTTの担当者も参加して歩調を揃えている。

具体的には「BizCITY」のVPN機能や料金回収機能、「VANADIS」のポータル機能やシングルサイオンなど、現在実現できている機能を生かし、相互に連携をとる(図2-1)。多少の機能の重複はあるものの、今までの両社のノウハウを生かす枠組みと言える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part2 技術持ち寄りでSaaS基盤を開発 品揃えや営業は個別展開へNTTグループのSaaS戦略 NTTコミュニケーションズとNTTデータ、NTT(持ち株会社)の3社は2008年9月、SaaS基盤を共同開発することを発表した。 通信や企業システムに実績を持つ巨大グループがSaaS市場にもたらす影響は大きい。 どんな枠組みで、どう取り組もうとしているのかをまとめる。

PAGE TOP