[技術解説]

Part3 アーキテクチャがもたらす特性を理解しSaaSの真の実力を知る

2009年3月13日(金)

成熟度で知るSaaSの本質 「SaaSとASPは同じもの。単に、マーケティング的な要請から新しい名前を付けたにすぎない」-。 日本ではいまだに、そんな誤解がまかり通っている。しかし、SaaSがビジネスにもたらすインパクトはASPの比ではない。 パート3では、SaaSのアーキテクチャを解説し、その意義を伝える。

「SaaSとASPはどう違うんですか?」-。これは、SaaSという言葉がよく聞かれるようになった2006年ごろから、筆者が最も多く受けた質問である。

総務省主催の「ASP・SaaSの情報セキュリティ対策に関する研究会」が取りまとめた「ASP・SaaS情報セキュリティガイドライン」では、ASPとSaaSを「ともにネットワークを通じてアプリケーション・サービスを提供するものであり、基本的なビジネスモデルに大きな差はない」とし、特に区別していない。総務省とASPIC(ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム)による「『ASP・SaaSの普及促進策に関する調査研究』報告書」にも、「『ASP』を『ASP・SaaS』と同義語として用いる」と明記されている。

上記のような抽象化したレベルで定義すると、ASPとSaaSに違いは出てこない。確かに、「ソフトウェアの機能をインターネットを通じて提供する」というコンセプトは両者に共通する。しかし、1999〜2000年ごろにブームになったASPと、ここ1〜2年で急激に注目を集めるようになったSaaSでは、そのアーキテクチャや機能面に大きな違いがある。筆者は、「ASPの進化型がSaaSである」ととらえるのが適切と考えている。

SaaSの肝はアーキテクチャにあり

では、ASPとSaaSの違いは何だろうか。最も重要なのは、「シングルテナント」のアーキテクチャだったASPに対して、SaaSは「マルチテナント」のアーキテクチャを備えている点だ(図3-1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part3 アーキテクチャがもたらす特性を理解しSaaSの真の実力を知る成熟度で知るSaaSの本質 「SaaSとASPは同じもの。単に、マーケティング的な要請から新しい名前を付けたにすぎない」-。 日本ではいまだに、そんな誤解がまかり通っている。しかし、SaaSがビジネスにもたらすインパクトはASPの比ではない。 パート3では、SaaSのアーキテクチャを解説し、その意義を伝える。

PAGE TOP