[技術解説]

Part4 開発に不慣れでもカスタマイズ容易に、クエリー実行回数の制限に要注意

2009年3月17日(火)

PaaSの実力を探る SaaS型アプリケーションの開発環境をインターネット経由で提供するPaaSはどこまで実用的か。 パート4ではセールスフォース・ドットコムが提供しているForce.comを例に、 PaaSの開発技術やデータベース設計、既存システムとの接続技術、問題点についてまとめる。

ユーザー企業は、SaaS型アプリケーションを利用することで開発や保守にかかる手間やコストを減らせる。しかし、SaaSは万能ではない。自社に適したアプリケーションを探すのに時間がかかったり、ふさわしいものを見つけられないこともあるだろう。

こうした問題を解消するものとして期待されているのが、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)と呼ぶ新しいサービス形態である。PaaSはアプリケーションそのものではなく、アプリケーションの実行環境をインターネット経由で提供する(図4-1)。このため、PaaSのユーザーはアプリケーションを独自に開発して利用できる。

図4-1
図4-1 アプリケーション開発・実行に必要な環境や資源を提供するPaaS

さらに、サーバー環境の構築や保守といった専門的な作業はPaaSベンダーが代わりに担うため、ユーザーはアプリケーションの開発に注力すればよい。さらに、PaaSのサービスによっては、セキュリティホールを生みにくいフレームワークを提供している。こうしたサービスを利用すれば、開発そのものの複雑さを軽減できる。

パート4では、セールスフォース・ドットコムが提供するPaaSであるForce.comを例に、PaaSでの開発はいったい何をどの程度の難易度で実現できるのかを見ていく。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part4 開発に不慣れでもカスタマイズ容易に、クエリー実行回数の制限に要注意PaaSの実力を探る SaaS型アプリケーションの開発環境をインターネット経由で提供するPaaSはどこまで実用的か。 パート4ではセールスフォース・ドットコムが提供しているForce.comを例に、 PaaSの開発技術やデータベース設計、既存システムとの接続技術、問題点についてまとめる。

PAGE TOP