ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立ソフト、「SecureOnline 在宅勤務サービス」にパンデミック対応パックを追加

2009年3月6日(金)

日立ソフトは2009年3月5日、「SecureOnline 在宅勤務サービス」パンデミック版を同日より販売開始することを発表した。

同社はこれまで、「鍵(USBキー)」を使って、自宅PCをシンクライアント化し、社内システムへ安全にアクセスできる「在宅勤務サービス」を提供してきたが、この「SecureOnline 在宅勤務サービス」は、1人あたり月額250円(税別)で10名が1つのUSBキーを共有し、希望者が在宅勤務を行えるというグループ向けサービスパック。

同社が提供している「在宅勤務サービス」は、SecureOnline統制IT基盤提供サービスを応用し、1人あたり月額1,800円で、利用者はUSBキー1本を自宅のPCに差し込むだけでインターネット回線を通じて社内の自席PCやWindows Server上の自身のデスクトップ環境にアクセスすることができるサービス。発表されたパンデミック版により、1人あたり月額1,800円のコストがが250円に削減され、導入コストを抑えることが可能になる。


日立ソフト
http://hitachisoft.jp/

SecureOnline製品情報
http://hitachisoft.jp/products/so/

関連記事

日立ソフト、「SecureOnline 在宅勤務サービス」にパンデミック対応パックを追加日立ソフトは2009年3月5日、「SecureOnline 在宅勤務サービス」パンデミック版を同日より販売開始することを発表した。

PAGE TOP