[ユーザー会通信]

第6回 COMPANY ユーザーコミッティ【ワークスアプリケーションズ】

2009年3月18日(水)

ユーザーの9割以上が参加 「COMPANY」を進化させるために 実務担当者が実運用に踏み込んだ情報交換と活発な議論を展開 今回紹介するのはワークスアプリケーションズのERPパッケージである「COMPANY」シリーズのユーザー会、「COMPANYユーザーコミッティ」だ。同製品はカスタマイズ前提のERPパッケージと異なり、さまざまな業種における日本企業の商習慣を網羅するというコンセプトで開発されており、導入は基本的にノーカスタマイズ。そうした、同じ機能、同じ画面を日々の業務で使っているユーザー同士が一堂に会して積極的に意見交換しているのがこのユーザー会だ。多種多様の業界から実務担当者が集まり、製品の実運用に踏み込んだ深い話や、細かい機能面などの話が活発に展開されている。

参加費が無料というのも会の特徴の1つだ。定例会や各種分科会開催などに関する費用ももちろん、すべてワークスアプリケーションズが負担する。そのため参加は任意ながらも、9割以上のユーザー企業がユーザー会に参加している。2001年の発足時には30社だった会員社数が、2008年12月末現在では約630社。年に80〜90社というハイペースで増え続けているという。

分科会はユーザーコミッティの中心的な活動。その内容はどれもCOMPANYの実運用に関係したものだ。例えば、CWS(COMPANY Web Service)分科会は、各回1つのサブシステムをテーマに開催。毎年2月には「年末調整業務」をテーマに、年末調整機能に対する要望を出したり、同席する開発者から今後の開発計画や新機能の紹介、法制度改正への対応などの解説も行われる。このような製品に関する分科会の場合は、COMPANYユーザー向けの研修プログラムである「HOTプログラム」とも連動している。

このほかにもシェアード・サービス(複数の組織に共通する業務を個々の組織から切り離して1つの組織に集約し、サービスとして提供する経営手法)分科会や会計分科会など計8つの分科会活動を実施している。これら分科会はもちろん定例会などのあらゆる活動において、COMPANYの開発担当者やコンサルタントが同席し、情報交換や実運用に則した製品の機能改善、拡張についての活発な議論が行われる。

定例会で著名な講師を招いたり、海外への視察旅行を行うといった派手な活動はない。あくまでもCOMPANYの機能向上と、それによる会員企業の業務効率向上のための活動を中心としている。そこにワークスアプリケーションズも積極的に連携して、お互いの継続的な成長を図ることがユーザー会の目的となっているのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

第6回 COMPANY ユーザーコミッティ【ワークスアプリケーションズ】ユーザーの9割以上が参加 「COMPANY」を進化させるために 実務担当者が実運用に踏み込んだ情報交換と活発な議論を展開 今回紹介するのはワークスアプリケーションズのERPパッケージである「COMPANY」シリーズのユーザー会、「COMPANYユーザーコミッティ」だ。同製品はカスタマイズ前提のERPパッケージと異なり、さまざまな業種における日本企業の商習慣を網羅するというコンセプトで開発されており、導入は基本的にノーカスタマイズ。そうした、同じ機能、同じ画面を日々の業務で使っているユーザー同士が一堂に会して積極的に意見交換しているのがこのユーザー会だ。多種多様の業界から実務担当者が集まり、製品の実運用に踏み込んだ深い話や、細かい機能面などの話が活発に展開されている。

PAGE TOP