[新製品・サービス]

DNP、多店舗展開を行う流通小売企業向けWebサイト構築サービス開始を発表

2009年3月16日(月)IT Leaders編集部

大日本印刷(DNP)は2009年3月13日、プロシスタと共同で、スーパーなど多店舗展開を行っている流通小売企業向けに、各店舗独自の掲載情報更新と、本部での一元管理の両立が可能なWebサイト構築サービスを開発し、本年4月よりサービスを開始すると発表した。

本サービスは、スーパー、ホームセンター、ドラッグストアなど、多店舗展開する流通小売企業に向けて開発された、店舗ごとに特徴のある情報発信を可能にするサービスである。DNPは、Webシステム開発などを行うプロシスタと共同で開発し、同社のネットチラシ配信サービスで培った技術やノウハウを活用したサービスになっている。本サービスは、個々の店舗による独自情報の更新と、それらを統括する本部による情報の一元管理を同時に可能にするWebサイトの構築を提供する。また、PCサイトだけでなく携帯サイトにも対応しているため、生活者は、いつでもどこでも鮮度の高い情報を携帯電話で手軽に入手できるようになる。

本サービスの概要は次のとおり。

(1) 店舗向け機能
所在地やアクセス方法といった店舗の基本情報はもちろん、各店舗が作成したチラシ、新着情報、タイムセール、おすすめ商品、店長コメント、求人情報といった情報を、PCサイトおよび携帯サイト向けに、店舗が独自に更新できる。また、チラシ情報は、店舗サイトだけでなく、DNPが運用するネットチラシのポータルサイト『オリコミーオ!』にも簡単に掲載できる。

(2) 本部向け機能
各店舗を統括する本部向けの管理画面では、店舗が更新した情報のチェックや店舗サイトのアクセス状況をランキング形式などで閲覧できるほか、本部から各店舗へ販促ツールやマニュアルなどを通達できる。店舗サイトの更新は、「本部」と「店舗」が権限を分けて運用することが可能で、本部では、全店共通チラシの掲載や本部が企画した催事販売やキャンペーンなど、全店舗に共通した情報を一括で更新できる。

販売予定価格は、初期費用が300万円(税抜)~、月額利用料が15万円(税抜)~。

DNPは今後、イベントカレンダー機能の追加や、旬のレシピ、ガーデニングといった生活者のサイト訪問率を上げるコンテンツの制作・運用を行うなど、オプションサービスを充実していく。また、店頭や街角の端末に情報を表示するデジタルサイネージや、Webサイトで注文を受け付けるネットスーパーに、各種コンテンツを展開する連携機能も順次提供していく予定。DNPは、本サービスで2010年度に20社の受注を見込んでいる。


大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

関連キーワード

大日本印刷

関連記事

DNP、多店舗展開を行う流通小売企業向けWebサイト構築サービス開始を発表大日本印刷(DNP)は2009年3月13日、プロシスタと共同で、スーパーなど多店舗展開を行っている流通小売企業向けに、各店舗独自の掲載情報更新と、本部での一元管理の両立が可能なWebサイト構築サービスを開発し、本年4月よりサービスを開始すると発表した。

PAGE TOP