[CIO INSIGHT]

今だからこそ必要な「攻めの発想」と「ビジネス視点」経営陣や現場と対話し、IT部門の価値を示す

2009年4月1日(水)

Managing IT Through Tough Times By Edward Cone/Eric Lundquist/Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 世界的な景気後退を受け、IT投資の削減を余儀なくされる企業は少なくない。だが、経営陣からの要請のまま、単純にコストカットにまい進するのは考え物だ。CIOやIT部門は、社内横断的な人脈や業務革新の知見を生かし、価値を生み出すIT戦略を提示することが求められている。その点で大切なのはメリハリのきいた透明性の高いIT投資である。景気後退のトンネルを抜けた先で、アクセルを踏み込める体制を築くことを忘れてはならない。(本誌)

2008年の後半から続く景気後退は、今年も企業のIT投資に影を落とす。米投資銀行のゴールドマン・サックスは、先進国における企業のコンピュータやソフトウェア、サービスに対する支出は、前年比8%下降すると予測している。ここ6年間で最大の下落幅だ。さらに住宅・雇用問題や消費衰退は2010年まで尾を引き、政府予算も膨大な赤字が避けられないとしている。

こうした中、コスト削減や業務効率向上が改めて脚光を浴びている。企業が、ヒト・モノ・カネといったリソースの節約や、コストの合理化の必要性を再認識し始めたことが背景にある。これらの施策においてノウハウを蓄積しているのは、他でもないIT部門だ。業務や部門を横断した知識や人間関係を持つIT部門の役割は、かつてないほど重要となっている。

CIO INSIGHTは、不況下の2009年を乗り切るプランについて、3人のCIO(最高情報責任者)に取材した。有数の地方銀行であるBB&TのCIO、ポール・ジョンソン氏は、ビジネスや顧客の視点でメリハリあるIT投資戦略を描くことの重要性をあたらめて指摘する。健康・衛生用品など個人向け消費財の大手メーカー、キンバリー・クラークのCIOであるラモン・バエズ氏は、困難な時期ほど、ITリーダーが挑戦の意欲を持ち続けることによりIT部門の価値にスポットライトが当たると強調。さらに保険会社チャブのCIO、ジェームス・ナイト氏は、CIOがビジネス戦略の展望を明確にすれば、プロジェクトの継続だけでなく、全社的な費用対効果の向上を実現できるとする。

不況により重要性を増す
ビジネス視点のIT投資

景気状態がどうであれ、IT投資の対象は慎重に選択すべきだ。もちろん、業務や業種によって必要となる取り組みは異なるので、「これさえやっておけばよい」という万能解はない。ただし、取捨選択に共通する物差しはある。その投資が「ビジネスの価値向上に直結するか否か」だ(図1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

今だからこそ必要な「攻めの発想」と「ビジネス視点」経営陣や現場と対話し、IT部門の価値を示すManaging IT Through Tough Times By Edward Cone/Eric Lundquist/Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 世界的な景気後退を受け、IT投資の削減を余儀なくされる企業は少なくない。だが、経営陣からの要請のまま、単純にコストカットにまい進するのは考え物だ。CIOやIT部門は、社内横断的な人脈や業務革新の知見を生かし、価値を生み出すIT戦略を提示することが求められている。その点で大切なのはメリハリのきいた透明性の高いIT投資である。景気後退のトンネルを抜けた先で、アクセルを踏み込める体制を築くことを忘れてはならない。(本誌)

PAGE TOP