[最前線]

セカンドライフ批評の裏で進化する 3D仮想空間サービスの新潮流

2009年4月2日(木)

セカンドライフの登場によって、一気に認知度が高まった「3D仮想空間サービス一時の真新しさがなくなり、最近は「失敗」や「誤算」を指摘する声も聞かれる。しかし、そんな批判の影で、3D仮想空間サービスは確実に洗練され続けてきた。オープンソースを使って、独自のサービスを提供する環境も整いつつある。セカンドライフや続々登場する新サービスの検証、技術開発に伴う業界動向を踏まえ、3D仮想空間サービスの将来展望を解説する。

回線のスピードは遅く、通信コストは高い。加えて、パソコンのスペックは低い―。こうした制約があった時代、ネットで送受信する情報の中心はテキストだった。

ところが、ここ10数年で状況は様変わりした。インターネットの高速化・低価格化が一気に進み、パソコンのスペックが以前とは比べものにならないほど高まったことで、今では画像や音声、動画がネット上を行き交う。さらには、「空間」さえもネットを介して配信できるようになった。ここで言う空間とは、3D仮想空間のことである。

「3D仮想空間」と聞いて、真っ先に思い浮かべるものは何だろうか。ネット業界に関わる読者であれば、「セカンドライフ(Second Life)」を挙げる方が多いだろう(図1)。セカンドライフは2007年頃に話題となったので、非ネット業界に携わる方でも、ニュースなどで名称を聞いたことがあるかもしれない。

3D仮想空間の実情を把握するにあたり、まずは多くの読者にとって聞き慣れたサービスであるセカンドライフについて見ておこう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

セカンドライフ批評の裏で進化する 3D仮想空間サービスの新潮流セカンドライフの登場によって、一気に認知度が高まった「3D仮想空間サービス一時の真新しさがなくなり、最近は「失敗」や「誤算」を指摘する声も聞かれる。しかし、そんな批判の影で、3D仮想空間サービスは確実に洗練され続けてきた。オープンソースを使って、独自のサービスを提供する環境も整いつつある。セカンドライフや続々登場する新サービスの検証、技術開発に伴う業界動向を踏まえ、3D仮想空間サービスの将来展望を解説する。

PAGE TOP