[製品サーベイ]

電源オフのパソコンも自在に管理 運用負荷を軽減する対応ソフトが充実

2009年4月8日(水)

インテル「vProテクノロジー」対応パソコン/ソフト リモートでの電源投入や仮想化によるセキュリティ強化などの機能を提供する基盤技術としてインテルが市場に投入した「vProテクノロジー」。ここにきてvProを搭載するPCや、この機能を生かす運用管理ツールのバリエーションが増えてきた。vProがどんな技術なのかを解説するとともに、対応製品の最新動向を探ってみよう。

「勤務時間外など、PCの電源がオフの状態でもリモート管理できる利便性に注目した」−。パイオニアの中村 正彦・情報戦略部統括部企画グループ副参事は、vPro搭載PCを採用した理由をこう話す。社内にはすでに2000台を導入済み。同社のほかにも、富士フィルムや聖路加国際病院といった大手が続々とvPro搭載PCの導入を始めている。

社内に散在する大量のPCを集中的に管理し、運用にかかる負荷を可能な限り軽減したいというのが、これらの企業に共通するvPro採用の理由だ。障害を起こしたPCをメンテナンスする、OSやアプリケーションのパッチを当てる…。現地に赴いての作業は手間も時間もかかるし、様々な事象への対応をうたうリモートメンテナンスツールを全PCに導入するには費用もかさむ。仮にそうしたツールを導入していても、そもそも対象PCのOSが障害を起こしていたり、電源がオフになっていたりするとメンテナンスできないといった問題もある。

こうした課題を解決するものとして注目されているのがvProである。

インテル製チップが必須
技術要件も規定

vProは、PCをリモート管理するのに必要な機能などをファームウェアとしてハードウェア(マザーボード)上に実装する技術的な枠組みを指す。BIOSやOSとは独立して動作し、この点ではPC本体の中に、運用管理のための小さなPC(インテリジェントな専用モジュール)が入っていると見ることもできる。インテルが開発し、最初に発表したのは2006年4月のこと。その後、機能拡張を重ね、08年9月には第3世代のvProをリリースした。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

電源オフのパソコンも自在に管理 運用負荷を軽減する対応ソフトが充実インテル「vProテクノロジー」対応パソコン/ソフト リモートでの電源投入や仮想化によるセキュリティ強化などの機能を提供する基盤技術としてインテルが市場に投入した「vProテクノロジー」。ここにきてvProを搭載するPCや、この機能を生かす運用管理ツールのバリエーションが増えてきた。vProがどんな技術なのかを解説するとともに、対応製品の最新動向を探ってみよう。

PAGE TOP