[新製品・サービス]

ファイルを自動分類して減量する統合NAS

2009年4月23日(木)

ストレージ EMC Celerraシリーズ / EMCジャパン EMCジャパンは2009年2月25日、iSCSIとファイバチャネルに対応したネットワーク・ストレージ製品群「EMC Celerra」シリーズに、統合型NASの新モデル「Celerra NS-120」「同NS-480」「同NS-960」を追加。合わせて、ゲートウェイ型製品「Celerra NS-G8」を投入することを発表した。

新製品の特徴は、いずれも「自動減量機能」を搭載していることである。これは、独自のアルゴリズムに基づくポリシーによって使用頻度の低いファイルを自動的に分類。それらを圧縮した後、重複しているファイルを削除する機能である。

重複除外そのものは従来からある技術である。しかし、これまでその利用は主にバックアップ製品やアーカイブ製品に限られていた。実際にデータを読み書きするストレージに重複除外機能を適用すると、性能が低下してしまう問題があったからだ。

Celerraの新モデルが搭載する自動減量機能は、システムの通常利用時にバック・グラウンドで実施。ストレージの性能を維持しつつデータ容量を最大50%削減できるという。CPU使用率が一定のしきい値を超えた場合、処理を一時停止できる。自動減量のポリシーやスケジュールは、ユーザーがカスタマイズできる。

高い拡張性も実現した。従来モデルの2倍に相当する最大960台のディスクドライブを搭載できるようにした。フラッシュドライブに対応したほか、ロック状態にあるファイルの削除を阻止するWORM(Write Once Read Many)機能も備える。

最大有効容量はNS-120が64TB、NS-480が192TB、NS-960が760TB、NS-G8は896TB。新モデルの予想実勢価格は、最小構成で198万円から。

関連記事

ファイルを自動分類して減量する統合NASストレージ EMC Celerraシリーズ / EMCジャパン EMCジャパンは2009年2月25日、iSCSIとファイバチャネルに対応したネットワーク・ストレージ製品群「EMC Celerra」シリーズに、統合型NASの新モデル「Celerra NS-120」「同NS-480」「同NS-960」を追加。合わせて、ゲートウェイ型製品「Celerra NS-G8」を投入することを発表した。

PAGE TOP