CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

「坂の上の雲」他2冊(山崎製パン 石毛 幾雄)

2009年4月15日(水)

職場にも読書好きが数人いましてね。みんなで本を持ち寄り、回し読みしています。それぞれ嗜好が違いますから、回ってくる本のジャンルはばらばら。そこがおもしろいんです。自分では買わないような本を読めますから。

坂の上の雲坂の上の雲
司馬遼太郎 著
ISBN:978-4163228105(第1巻)
文藝春秋
1680円

本を読むのは、出張時が多いですね。自宅と会社が近いので、毎日の通勤中には本を読むほどの時間がないんですよ。自宅で読書するときは、妻のピアノを置いた防音室にこもり、BGMも流さず本の世界に没頭します。

つい先日は、30年ぶりに「坂の上の雲」を読みました。酒の席で乃木希典の話が出て、学生時代に読んだこの本のことを思い出したんですよ。残念ながら当時の本は処分してしまったので、新たに買い直しました。物語の舞台は、明治維新から日露戦争にかけての日本。そこで、秋山好古・真之兄弟や正岡子規といった青年たちが近代国家を目指す姿を描いています。

学生時代に読んだときとは、やはり読後の感じ方が違いますね。以前は、日露戦争の旅順攻撃で多くの戦死者を出した乃木希典の無謀さばかりが印象に残ったんです。ところが、読み直してみると、登場人物1人ひとりの人間的魅力に引き込まれました。特に、正岡子規にはひきつけられました。彼に関する記述の部分ばかり拾い読みしたほどです。著者もよほど彼に惚れこんでいたんでしょう。それが伝わってくる文章です。

もう一つ、70人以上のメンバーを率いる今の立場として心に残ったのは、登場人物たちのモチベーションの高さです。我々も、優れたシステムという“坂の上の雲”を目指し、組織のモチベーションを上げていかなければ。そう痛感しました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

「坂の上の雲」他2冊(山崎製パン 石毛 幾雄)職場にも読書好きが数人いましてね。みんなで本を持ち寄り、回し読みしています。それぞれ嗜好が違いますから、回ってくる本のジャンルはばらばら。そこがおもしろいんです。自分では買わないような本を読めますから。

PAGE TOP