[市場動向]

不況を乗り切るCRM(顧客関係管理)

2009年4月20日(月)

100年後の危機にも通用する顧客志向へ 最初に、批判を恐れずに宣言したい。 不況だからモノが売れないのではない。本当は、「100年に1度」の経済環境がマーケットを一層見えづらくしたために、売りにくいのである。 今重要なのは、受注に結びつく顧客を見定めて密接な関係を築く、すなわちCRM(カスタマ・リレーションシップ・マネジメント)の徹底だ。 「今こそ変革のチャンス」と、CRMの強化に乗り出したユーザーや、CRMを支援するソフト/サービスの最新動向を紹介する。 [本誌:栗原 雅、折川 忠弘]

  • [node:710]
  • [node:711]
  • [node:712]
  • [node:713]
関連記事

不況を乗り切るCRM(顧客関係管理)100年後の危機にも通用する顧客志向へ 最初に、批判を恐れずに宣言したい。 不況だからモノが売れないのではない。本当は、「100年に1度」の経済環境がマーケットを一層見えづらくしたために、売りにくいのである。 今重要なのは、受注に結びつく顧客を見定めて密接な関係を築く、すなわちCRM(カスタマ・リレーションシップ・マネジメント)の徹底だ。 「今こそ変革のチャンス」と、CRMの強化に乗り出したユーザーや、CRMを支援するソフト/サービスの最新動向を紹介する。 [本誌:栗原 雅、折川 忠弘]

PAGE TOP