[新製品・サービス]

UFJ日立システムズ、NEC、アドビの3社が三菱東京UFJ銀行に事務支援システムを納入

2009年4月4日(土)

UFJ日立システムズ、日本電気(NEC)、アドビ システムズの3社は2009年4月3日、三菱東京UFJ銀行に対し共同で、銀行の店舗や事務センターにおける諸届・相続・差押といった複雑な事務処理を効率化するための「事務ナビゲーションシステム」を構築したことを発表した。同システムは2008年12月より全国約700の有人店舗へ導入されており、3カ月を経た現在、業務効率に関わる多くの効果を確認できているという。

「事務ナビゲーションシステム」は、勘定系ホストなどの既存システムからリアルタイムで各事務処理に必要な顧客データを取り込み、このデータをもとに適切な手続きを自動で判断し、必要な事務処理をステップごとに画面上でナビゲーションするもの。

発表によれば、三菱東京UFJ銀行では、諸届・相続・差押などの事務は、顧客の口座属性情報に応じ、受け入れ書類やオペレーションの選択肢が多岐にわたるという特徴があり、複雑な事務として位置付けられている。今回の同システムの導入により、画面の誘導に従ってオペレーションを実行し、顧客から必要な書類を受け入れて処理できるようになり、高度な業務ノウハウや法的知識を必要とする複雑な事務でも、スキルや経験に左右されず均質に処理可能になったとしている。

同システムは、NECのシステム構築統合開発基盤「SystemDirector Enterprise(システムディレクターエンタープライズ)」を用いて短期間で構築された。クライアント端末にはアドビ システムズの「Adobe Flex Builder」を用いており、視覚的に操作しやすい画面で利用できるとのこと。発表による同システムの主な特徴は、以下のとおり。

1. SystemDirector Enterpriseを用いて構築

  • 画面の遷移や勘定系ホストとの連携などにテンプレートを用いて設計された。
  • 開発要員それぞれのアクティビティの明確化が図られるため、大規模な開発においても個々の役割分担に沿って迅速に作業を進めることが可能。
  • ソースプログラムの自動生成機能などの各種ツールを利用することにより、スキルや経験に依存することなく開発生産性や品質向上を期待できる。
  • 迅速なシステム構築が可能で、同プロジェクトの開発においてはFlex開発経験者が少数でありながらも、製造および単体テスト(約320画面)を約4カ月で完了できた。

2. 新しいRIA(リッチインターネットアプリケーション)技術を採用

  • RIA開発には、SystemDirector Enterpriseに対応し、操作性に優れた「Adobe Flex Builder」(Flex)と、クライアント・サーバー間の高速データ通信を可能にする「Adobe LiveCycle Data Services」( LiveCycle)を採用。
  • Flexでは、従来サーバー側で行っていた画面出力用のデータ編集処理をクライアント側で実行することにより、処理を効率化。たとえば、顧客データの検索結果が大量にヒットした場合でも、全データの受信を待たず、取得したデータから順次、画面表示させるようにして、担当者の体感待ち時間軽減を図った。
  • Flexの特徴でもあるグラフィカルなユーザインターフェイスを活用し、口座の状態を表現する際には視認性の高い図柄のアイコンを使用して、オペレータが直感的に理解できる画面デザインとした。
  • サーバーとの接続にはLiveCycleのデータサービス機能を活用し、RPC(Remote Procedure Call)によって確実に送受信を行いながらデータ圧縮による高速な通信環境を構築し、アクセス集中時においても高いレスポンスを確保している。

同システムではまた、複数の参照・更新取引のワンオペレーション化も実現しており、従来、数回の勘定系ホスト取引が必要であった口座の使用一時停止処理もワンクリックで実行可能となった。顧客からカード紛失の連絡を受けた場合などの緊急時の処理についても迅速化や確実性が向上し、顧客へのサービス向上にも貢献しているとのこと。

今回の実績をもとにNECは、SystemDirector Enterpriseを活用して顧客の経営・業務革新に貢献するシステムの構築を一層強化していく。また、アドビ システムズは、NECと共同で企業の業務システムをRIAで統合・最適化するための活動を積極的に推進していくとしている。


「SystemDirector Enterprise」
http://www.nec.co.jp/sdent/

UFJ日立システムズ
http://www.uhsys.co.jp/

NEC
http://www.nec.co.jp/

アドビ システムズ
http://www.adobe.com/jp/
 

関連記事

UFJ日立システムズ、NEC、アドビの3社が三菱東京UFJ銀行に事務支援システムを納入UFJ日立システムズ、日本電気(NEC)、アドビ システムズの3社は2009年4月3日、三菱東京UFJ銀行に対し共同で、銀行の店舗や事務センターにおける諸届・相続・差押といった複雑な事務処理を効率化するための「事務ナビゲーションシステム」を構築したことを発表した。同システムは2008年12月より全国約700の有人店舗へ導入されており、3カ月を経た現在、業務効率に関わる多くの効果を確認できているという。

PAGE TOP