[新製品・サービス]

サーバー/クライアントの自動管理を強化

2009年5月21日(木)

運用管理 Altiris Client Management Suite 7.0、同Server Management Suite 7.0 / シマンテック シマンテックは2009年3月26日、クライアント管理スイート製品の新版「Altiris Client Management Suite 7.0(CMS7.0)」と、サーバー管理スイート製品の新版「同Server Management Suite 7.0(SMS7.0)」を発表した。同社が2007年に米アルティリスを買収して以来、初のメジャーバージョンアップとなる。

CMS7.0は、クライアントPCのソフトウェアパッチ管理や、インベントリ管理といった業務を支援するソフト。7.0では、事前に管理対象のソフト情報をDBに登録し、ソフトの適切なアップデートやインストールを可能とする「ソフトウェアカタログ」機能などを追加した。また前バージョンに引き続きインテルの「vPro」の機能を利用したクライアント管理機能を備えた。電源オフのクライアントでも、リモートで電源を投入してソフトの更新などの作業ができる。

SMS7.0は、サーバーの運用管理を支援するソフト。7.0では新たにGUIのコンソール上でイベントの相関分析を可能とするなどの機能強化を行った。

CMS7.0、SMS7.0ともに共通の管理コンソール「Symantec Management Console」を採用しているため、管理者は相互の製品を共通のコンソールで操作できる。また同社は、今後セキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection」をはじめとした主要なセキュリティ、運用管理製品を、順次同コンソールで統合管理できるようにすることを明らかにした。

CMS7.0は、おもにクライアントPCを500台以上保有する企業、SMS7.0はサーバー台数数十台程度の企業向けに売り込む。

ライセンス価格はCMS7.0が1クライアント1万4900円、SMS7.0が1サーバー6万9700円。

関連記事

サーバー/クライアントの自動管理を強化運用管理 Altiris Client Management Suite 7.0、同Server Management Suite 7.0 / シマンテック シマンテックは2009年3月26日、クライアント管理スイート製品の新版「Altiris Client Management Suite 7.0(CMS7.0)」と、サーバー管理スイート製品の新版「同Server Management Suite 7.0(SMS7.0)」を発表した。同社が2007年に米アルティリスを買収して以来、初のメジャーバージョンアップとなる。

PAGE TOP