[最前線]

「集約・統合」が加速するIT基盤 仮想化、ブレード、ストレージの展望

2009年5月7日(木)

情報システムを取り巻く環境が大きく変わりつつある。 オープン化によってシステムの分散が加速したことで、運用管理は難しくなり、 リソースの〝ムダ遣い〟も目立つようになった。 さらには、コンプライアンス強化のために、企業が保管すべきデータ量が増加している。 これらの課題を解決するために、最新のIT基盤をいかに活用したらよいか。 仮想化とブレードサーバー、共有ストレージの最新動向や課題を検証する。 本稿はインテック発行の「インテック テクニカルジャーナル Vol.8」(2008年6月発行)の記事に加筆・編集して掲載しています。

1990年前後から、大型汎用機で行ってきたシステム構築を、小型コンピュータが取って代わるという分散化が進んできた。これは、ハードウェアとネットワークの進化によるところが大きい。ハードウェアにおいては、パソコンやUNIXワークステーションといった小型コンピュータの価格性能比が飛躍的に高まった。一方のネットワークについては、イーサネットやTCP/IPを用いた高速で安価な技術が普及してきた。

しかし、最近はシステムの統合化・集中化の議論が盛んになっている(図1)。小型コンピュータを活用したシステムの分散化により、各種機能を実現するシステムが乱立し、システムの規模も肥大化した。これにより管理コストが増大し、情報セキュリティ上の問題も目立つようになってきたからである。

図1 システムの統合化・集約化の流れ
図1 システムの統合化・集約化の流れ(図をクリックで拡大)

こうした状況を受けて、ソフトウェアメーカーは、サーバーの仮想化によって統合化・集約化の環境を整える方向で、製品機能の拡充を図っている。ハードウェアメーカーはブレードサーバーやストレージシステムなど、ハードウェアの物理的な集約を主眼とした製品ラインナップを強化している。

これらの最新テクノロジは、企業がIT基盤に求める要件をどれだけ満たすものだろうか。以下では、仮想化、ブレードサーバー、ストレージシステムという3つのプラットフォーム技術の現状と展望を見ていく。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

「集約・統合」が加速するIT基盤 仮想化、ブレード、ストレージの展望情報システムを取り巻く環境が大きく変わりつつある。 オープン化によってシステムの分散が加速したことで、運用管理は難しくなり、 リソースの〝ムダ遣い〟も目立つようになった。 さらには、コンプライアンス強化のために、企業が保管すべきデータ量が増加している。 これらの課題を解決するために、最新のIT基盤をいかに活用したらよいか。 仮想化とブレードサーバー、共有ストレージの最新動向や課題を検証する。 本稿はインテック発行の「インテック テクニカルジャーナル Vol.8」(2008年6月発行)の記事に加筆・編集して掲載しています。

PAGE TOP