[要求仕様の美学]

第8回 「問題とは何か」を理解し、適切な発見方法を確立する

2009年5月8日(金)

要求定義の前提になるのが、経営上や業務上の問題の発見と解決策である。ところが、その問題の定義が曖昧なことが多い。 そこで今回は「問題とは何か」を示し、適切な定義方法を説明する。

システム開発プロジェクトの現場では時々、首をかしげたくなることが起こる。一例をあげよう。8人ほどのチームを率いるリーダーに、PMが「問題点を報告して下さい」と問う。そうすると「進捗が3日ほど遅れています」という答えが返ってくる。遅れている理由を聞くと、「仕様書の精度が低く、(メンバーが)理解するのに時間がかかっています」と言う。

そこで仕様書の精度が低い理由を問うと、「分かりません」で終わる。これではリーダーとして頼りないし、PMも手の打ちようがない。

別の例もある。プログラムの開発局面で、あるPMはプロジェクト推進チームから「用紙の消耗が増加している」と報告を受けた。通常はA4用紙500枚を一週間に10包みほど消耗するのだが、それが2倍になっているという。「プリンターが不足しているので買い増して欲しい」という要望もあった。

状況を知るため、PMは開発ルームに出向いてエンジニアたちの仕事ぶりをしばらく観察した。廃棄用紙の置き場は文字通り、溢れんばかりだった。なぜそうなのかを見ていくと、プログラムのテストを行うたびに、その結果を印刷している。テスト結果をみながら次のデバッグをやりたいのだという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
要求仕様の美学一覧へ
関連記事

第8回 「問題とは何か」を理解し、適切な発見方法を確立する要求定義の前提になるのが、経営上や業務上の問題の発見と解決策である。ところが、その問題の定義が曖昧なことが多い。 そこで今回は「問題とは何か」を示し、適切な定義方法を説明する。

PAGE TOP