[技術解説]

コスト削減に向けた4 つの方策 - 賢いセキュリティ対策 Part2

2009年5月18日(月)

最大のコストは従業員に強いる作業 増え過ぎたセキュリティ庶務にメスを IT予算が限られる中、セキュリティ対策においてもコストカットが叫ばれている。一定レベルの安全性を確保しつつ、ムダのない取り組みをするにはどうしたらよいのか。コスト削減に向けた4つの方策を探ってみよう。

金融危機の真っ只中において、私が身を置いている情報セキュリティ業界も、行き先が不透明だ。経営が厳しくなった会社が経費削減に取り組む場合、情報セキュリティは例外なくその優先順位の高い部類に入るからである。

「情報セキュリティは企業にとって欠かせないもの」と我々は言い続けてきた。なのに、なぜ1番に予算削減の対象になるのだろうか? 一言で言えば、「予算を少々削ったところで、どうなるもんでもないだろう」と経営者が考えていることの裏返しとも受け取れる。こうした考え方の善し悪しは別として、この現実は受け入れざるを得ない。

私は現在、情報セキュリティに関する独立したコンサルタントとして活動しており、いろいろな業界の企業から様々な相談を受ける。大抵の場合、相手は企業の「情報セキュリティ対策推進責任者」であり、次々と出てくるリスクへの対策と、なかなか減らないコストとの狭間に立たされて悩む人々だ。ここのところ相談を受けた内容からは、いくつかの傾向が見て取れる。まずは典型的なものをいくつかを紹介しよう。

相談1
新年度に何をやればいいか分からない

これからどうしたらいいか分からない、という声は本当によく寄せられる。もっとも、その事情は会社によって異なるようだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

コスト削減に向けた4 つの方策 - 賢いセキュリティ対策 Part2最大のコストは従業員に強いる作業 増え過ぎたセキュリティ庶務にメスを IT予算が限られる中、セキュリティ対策においてもコストカットが叫ばれている。一定レベルの安全性を確保しつつ、ムダのない取り組みをするにはどうしたらよいのか。コスト削減に向けた4つの方策を探ってみよう。

PAGE TOP