[株価から見るIT企業の強みと弱み]

買収による相乗効果で不況の乗り切りを図る[日本オラクル(証券コード 4716)]

2009年5月25日(月)

先の見えない不況の中、多くのIT企業が受注の大幅な落ち込みという厳しい状況に直面している。そんな中で買収による相乗効果を軸にした戦略により、厳しい時代を乗り切る構えの企業がある。日本オラクルだ。今回は、同社にスポットを当てる。

日本オラクルの事業ポートフォリオ

周知のことだが、日本オラクルは自社でR&D(研究開発)や、買収をしているわけではない。意思決定をするのは親会社の米オラクルであり、日本オラクルは国内におけソフトウェア製品のライセンス販売や、保守サポート、コンサルティングを手掛けている。

同社の事業ポートフォリオを見てみよう。08年5月期の売上高1141億円は、大きく4つのセグメントに分けられる。(1)データベース・ミドルウェア分野(以下、DB&M/W)でのライセンス売上407億円(売上比35.7%)、(2)ERP・CRM」(以下、Apps)が64.2億円(売上比5.6%)、(3)データベース・アプリケーションなどのソフトウェア更新・保守などのプロダクトサポート(以下、サポート)が502億円(売上比44%)、(4)コンサルティング・教育事業などが166億円(売上比14%)である。

4つのセグメントが今後どう展開していくのか。これを考えることが同社の企業価値を判断する上で欠かせない。そのヒントが図1に示す各セグメントの売上高前年比の推移だ。05年5月期〜08年5月期までのDB&M/W分野のライセンスの成長率は年平均+2.3%。一方、Apps分野は同+22.7%、サポート分野は+12.8%、コンサルティングその他は+10%である。ただしサポートやコンサルティングは、DB&M/W、Appsのライセンス販売に依存するので重要なのはDB&M/Wなどだ。

図1 日本オラクル  セグメント別売上前年比(単位:%)
図1 日本オラクル セグメント別売上前年比(単位:%)

「Innovation&Acquisition」戦略

前述のように、DB&M/Wライセンスの売上高成長率は+2.3%と低い伸びとなっている。とはいえIDC Japanの調査によれば、2005年〜2010年までの国内データベース市場の成長率は年平均+3.0%。日本オラクルがシェアの過半を占めることを考慮すれば、+2.3%の成長率は妥当といえるだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
株価から見るIT企業の強みと弱み一覧へ
関連記事

買収による相乗効果で不況の乗り切りを図る[日本オラクル(証券コード 4716)]先の見えない不況の中、多くのIT企業が受注の大幅な落ち込みという厳しい状況に直面している。そんな中で買収による相乗効果を軸にした戦略により、厳しい時代を乗り切る構えの企業がある。日本オラクルだ。今回は、同社にスポットを当てる。

PAGE TOP