[新製品・サービス]

オラクル、サン・マイクロシステムズ社を74億ドルで買収

2009年4月22日(水)

米国サン・マイクロシステムズ社(サン)とオラクル・コーポレーション(オラクル)は現地時間で2009年4月20日、サンの普通株式をオラクルが1株あたり現金9.50ドルで取得する内容の最終合意に達したことを発表した。買収総額は約74億ドルで、サンの持つ現金と負債を相殺した後の純額は56億ドル。

サンの取締役会は全会一致でこの買収を承認。今後、サン株主の承認と規制当局の承認を受け、通常の締結諸条件が満たされれば、買収は2009年夏にも完了する見通しとのこと。

発表によれば、オラクルがサンの重要なソフトウェア資産であるJavaとSolarisを入手することにより、長期的に観て顧客は大きな利点を得られる。Javaは業界の著名ブランドの1つであり、オラクルで急成長しているミドルウェア製品のOracle Fusion Middlewareも、サンのJava言語とJavaソフトウェアを基盤として構築されたもの。オラクルは今後Javaテクノロジーに対するイノベーションと投資を継続し、顧客やJavaコミュニティに貢献していくとしている。

また、サンのSolaris OSは、オラクルの主力をなすデータベースのプラットフォーム事業を長年支えてきた。オラクルはサンを買収することで、Solaris独自の先進的機能に合わせてOracleデータベースを最適化できるようになる。加えて、Linuxその他のオープン・プラットフォームにもこれまでどおりコミットし、業界パートナーとの関係を引き続き支援や強化していく。

  • オラクルの社長であるSafra Catzは、「この買収事業がオラクルの非GAAP(一般会計原則)ベース営業利益にもたらす貢献額は、初年度が15億ドル以上、2年目は20億ドル以上を見込める」と述べている。
  • オラクルのCEOであるLarry Ellisonは、「サンの買収によってクラス最高のビジネスソフトウェアとミッションクリティカルなコンピューティング・システムが合体し、オラクルはアプリケーションからディスクに至る統合システムを設計できる唯一の企業となる」と述べている。
  • サンのScott McNealy会長は、「オラクルとサンは20年以上にわたって業界のパイオニアとして活躍し、親しいパートナーでもあった。今回の結合は両社のこうした関係が自然と発展したもの」だと述べている。
  • サンCEOのJonathan Schwartzは、「Javaプラットフォームはすでに地球上のほぼあらゆるビジネスシステムに普及し、SolarisオペレーティングシステムとサンのSPARC/x64システムはストレージ、ネットワーキング、コンピューティングの統合を促している。今後はオラクルとともに進行中のイノベーションをさらに促進し、顧客や市場に向けて揺るぎない価値を創出していく」と述べている。
  • オラクル社長のCharles Phillipsは、「今回の結合は、サンが達成したイノベーションや顧客の成功を高く評価した結果であり、合意により顧客の過去の投資を保護および強化し、引き続きパートナー各社と協力して顧客に選択肢を提供できる」と述べている。

プレスリリース
http://jp.sun.com/company/Press/release/2009/0421.html

プレスリリース(米国発表)
http://www.sun.com/aboutsun/pr/2009-04/sunflash.20090420.1.xml

オラクル・コーポレーション
http://www.oracle.com/

サン・マイクロシステムズ
http://sun.com/

 

関連記事

Special

-PR-

オラクル、サン・マイクロシステムズ社を74億ドルで買収米国サン・マイクロシステムズ社(サン)とオラクル・コーポレーション(オラクル)は現地時間で2009年4月20日、サンの普通株式をオラクルが1株あたり現金9.50ドルで取得する内容の最終合意に達したことを発表した。買収総額は約74億ドルで、サンの持つ現金と負債を相殺した後の純額は56億ドル。

PAGE TOP