[新製品・サービス]

ソフトバンクBBとマイクロソフト、仮想化ソリューションビジネスで協業

2009年4月28日(火)

ソフトバンクBBとマイクロソフトは2009年4月27日、サーバー仮想化技術の普及促進を目的に協業していくことで合意したと発表した。主にソフトバンクBBの販売パートナー約5,800社向けに各種の支援を実施し、パートナー各社がマイクロソフトのWindows Server 2008を用いた仮想化ソリューションを顧客に提案・導入しやすい環境づくりを行って、企業における仮想化ソリューションの普及促進を目指すとのこと。

同ソリューションでは、以下のマイクロソフト製品がベースとなる。

  • 「Windows Server 2008 Hyper-V」(Hyper-V):サーバー仮想化製品
  • 「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008」:統合的な仮想環境管理ツール

協業に際し、ソフトバンクBBは以下を実施する。

  • Microsoft Exchange Serverなど、マイクロソフトの各種サーバー群の導入支援を行うソフトバンクBBの「BBSOLコンサルティングサービス」に、Hyper-Vを中心とするサービスメニューを4月27日より追加。
  • マイクロソフト認定資格である「MCAプラットフォーム」をソフトバンクBBの社員約200名が取得し、あわせて「Hyper-V導入アドバイザー」の認定ロゴを取得して、販売パートナー各社に対しさらに的確な支援を行えるようにする。
  • マイクロソフトコンサルティング・パートナーとして「Hyper-V認定コンサルタント」を6名育成。確実なシステム構築や、安定したシステム稼働の基盤整備といった顧客のニーズに対しコンサルティングやシステムインテグレーションを推進する。
  • BBSOLコンサルティングサービスに、「仮想化環境検証サービス」を2009年上半期より追加。Hyper-Vを用いた仮想環境のインフラの提供と、技術トレーニングの実施により、アプリケーションの動作検証など、顧客が利用しやすい支援サービスを充実させる。

一方、マイクロソフトは以下を実施する。

  • ソフトバンクBBおよび販売パートナーに対し、サーバー仮想化技術の無償トレーニングを提供。
  • ソフトバンクBBが、販売パートナーの技術者および営業担当者に対し実施するトレーニングにおいて、コンテンツや技術情報の提供などの支援を行う。
  • マイクロソフトが推進する「Save Money.キャンペーン」の一環として、サーバー仮想化技術の啓蒙活動を実施。
  • ソフトバンクBBと共同でコンサルティングメニューの開発や、必要に応じて営業活動を行う。


「BBSOLコンサルティングサービス」
http://www.softbankbb.co.jp/distribution/net/index.html

「Hyper-V 導入アドバイザー検定」
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/hyperv-advisory.mspx

「Save Money. キャンペーン」
http://www.microsoft.com/japan/SaveMoney/

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

ソフトバンクBB
http://www.softbankbb.co.jp/ja/index.html
 

関連記事

ソフトバンクBBとマイクロソフト、仮想化ソリューションビジネスで協業ソフトバンクBBとマイクロソフトは2009年4月27日、サーバー仮想化技術の普及促進を目的に協業していくことで合意したと発表した。主にソフトバンクBBの販売パートナー約5,800社向けに各種の支援を実施し、パートナー各社がマイクロソフトのWindows Server 2008を用いた仮想化ソリューションを顧客に提案・導入しやすい環境づくりを行って、企業における仮想化ソリューションの普及促進を目指すとのこと。

PAGE TOP