[新製品・サービス]

ターボ ソリューションズ、IP-PBXソフトの新拡張機能「InfiniTalk MIS+」「InfiniTalk ListDialer+」の販売を開始

2009年5月9日(土)

ターボソリューションズは2009年5月8日、オープンソースソフトウェア「Asterisk」をベースとしたIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk(インフィニトーク)」の新拡張機能「InfiniTalk MIS+(ミス・プラス)」及び「InfiniTalk ListDialer+(リストダイヤラー・プラス)」を同日より販売開始すると発表した。 また、バックアップ・リストア機能や着信パターン設定(特定日の設定)などInfiniTalk自体の機能を強化した新バージョン「InfiniTalk v1.7」も同日より提供を開始される。

「InfiniTalk MIS+」は、オペレーターのワーク管理や、通話録音、ACD(着信呼の自動分配機能)など、コールセンターで必要とされる機能を標準で備える「InfiniTalk CallCenter+ 」と組み合わせ、管理・運用のさらなる効率化や、サービスレベルの向上による競争力の強化を実現する製品。
リアルタイムでコールセンターの稼働状況を把握できるモニタリングツールや、必要な情報を自動で集計するレポーティングツールなど、これまでのコールセンターにおける導入実績をベースに顧客ニーズを反映し、コールセンターの現場に真に必要とされる質の高い機能をオールインワンで搭載してパッケージ化することで、優れたコールセンターの管理・運用基盤を手軽に廉価に導入することを可能にした。
販売価格は200万円/1サーバー(税別)。

「InfiniTalk ListDialer+」は、アウトバウンドを自動化することで対象者に効率的にアナウンスを行うリスト自動発信機能をパッケージ化した製品。
天気や交通機関の遅延などによる予定変更のアナウンスや、当日の会員向けセール告知など、情報伝達のスピードや速効性、登録情報の機密性が重視されるリストに対して完全システム化によるアウトバウンドを行うことで、第三者を介さず安全に正確な情報伝達を速やかに行うことができる。また、リストに自動で発信していくため、1件ごとにスタッフが対応するのと比較し、業務の手間を大幅に削減する。
音声自動応答機能「InfiniTalk IVR+」と組み合わせることで、発信先の番号入力に合わせた音声ガイダンスによるアンケートや、顧客への付加サービスとして定期的に必要な情報を提供するなど高レベルなサービスにも適用することができ、汎用性の高いソリューションを実現する。
販売価格は50万円/1サーバー(税別)。

InfiniTalk MIS+、InfiniTalk ListDialer+を含む全ての拡張機能は、InfiniTalkサーバーにインストールすることですぐに利用することが可能。


ターボソリューションズ
http://www.turbosolutions.co.jp/

 

関連記事

ターボ ソリューションズ、IP-PBXソフトの新拡張機能「InfiniTalk MIS+」「InfiniTalk ListDialer+」の販売を開始ターボソリューションズは2009年5月8日、オープンソースソフトウェア「Asterisk」をベースとしたIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk(インフィニトーク)」の新拡張機能「InfiniTalk MIS+(ミス・プラス)」及び「InfiniTalk ListDialer+(リストダイヤラー・プラス)」を同日より販売開始すると発表した。 また、バックアップ・リストア機能や着信パターン設定(特定日の設定)などInfiniTalk自体の機能を強化した新バージョン「InfiniTalk v1.7」も同日より提供を開始される。

PAGE TOP