[新製品・サービス]

NEC、企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援する資産管理ソフトを発売

2009年5月12日(火)

日本電気(NEC)は2009年5月11日、IT機器、ソフトウェアライセンス、什器・備品などあらゆる資産情報を統合管理する資産管理ソフトウェア「WebSAM AssetSuite(ウェブサム・アセットスイート)」において、企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援し、運用管理コストを削減可能にする新バージョン(Ver3.0)の販売を開始すると発表した。

新製品の「WebSAM AssetSuite Ver3.0」は、全社で統一的に資産管理やセキュリティ対策を行いたい、という最近の各企業のニーズに対応したもので、同社による主な強化内容は以下のとおり。

(1)管理対象となるサーバーや端末の台数を20万台まで拡大
IT資産の管理対象範囲を従来の4万台から20万台にまで拡大。拠点・部門ごとの個別管理から、グループ会社も含めた全社レベルでの統合的な資産管理が可能となり、コンプライアンス対応が強化される。また、事業拡大に伴って資産管理対象が拡大した場合にも、柔軟に対応可能となる。

(2)「InfoCageセキュリティリスク管理」との製品統合により、資産情報とセキュリティ対策情報を一元管理
同社のセキュリティ対策ソフトウェア「InfoCageセキュリティリスク管理」と製品統合することで、IT資産情報に加えセキュリティ対策情報も同一の構成管理データベース(CMDB)に統合され、一元的に管理可能となる。また、「パッチ強制適用サービス」(有償)を利用すると、必要なパッチ適用情報が定期的に同社より提供され、その情報が利用者端末へ自動通知されることで、パッチ適用漏れの防止などのセキュリティ対策も図れる。

(3)GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)の視認性・操作性の向上
同社の中央研究所の技術を用い、人間工学に基づいたミスの少ないGUIが提供される。膨大な管理対象から遊休資産を容易に特定可能になるなど、運用管理者の負担軽減を期待できる。

製品の提供価格と出荷開始時期は、下表のとおり。

製品名 希望小売価格(税別) 出荷開始 備考
WebSAM AssetSuite Ver3.0 207万円~ 2009年5月29日 500台のIT資産を管理する場合の最小価格。1万台以上では、1台当り2,880円で管理可能。
WebSAM AssetSuite Ver3.0セキュリティリスク管理パック 366.8万円~ 2009年6月30日 「InfoCageセキュリティリスク管理」、「パッチ強制適用サービス」とのセット製品。500台のIT資産を管理する場合の最小価格。

 

同社では、今回の製品強化により、資産管理対象台数が数千台以上の大規模システムを中心に、「WebSAM AssetSuite」において今後3年間で100システムの販売を目指すとしている。

なお、NECグループでは、5月13日(水)~15日(金)に東京ビックサイトで開催される「第6回情報セキュリティEXPO(http://www.nec.co.jp/event/ist/)」に出展し、同製品を紹介する。


新製品に関する情報
http://www.nec.co.jp/WebSAM/AssetSuite/

NEC
http://www.nec.co.jp/
 

関連記事

NEC、企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援する資産管理ソフトを発売日本電気(NEC)は2009年5月11日、IT機器、ソフトウェアライセンス、什器・備品などあらゆる資産情報を統合管理する資産管理ソフトウェア「WebSAM AssetSuite(ウェブサム・アセットスイート)」において、企業のコンプライアンス強化とセキュリティ統制を支援し、運用管理コストを削減可能にする新バージョン(Ver3.0)の販売を開始すると発表した。

PAGE TOP