[CIO INSIGHT]

新任CIOが身につけるべきは、無知を知ることと周囲から学ぶ姿勢

2009年5月29日(金)

The Rookie CIO By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTから2本の記事を取り上げる。最初は、新任のCIO(最高情報責任者)にとって必要となる素養に関する記事。洋の東西を問わず、CIOに明確なキャリアパスは存在しない。新たにITリーダーとなった人、または将来的になる人が身につけるべきスキルや考え方を示す。続いて2本めの記事は、プロジェクトマネジメントに関するものだ。大型プロジェクトの成功には、経営陣の積極的なコミットと、プロジェクトチームにおける役割の明確化が必須であると説く。 (本誌)

ITリーダーになるための明確なキャリアパスは存在しない。初めてCIO(最高情報責任者)になる人にとって、CIOに必要なものは何かを理解することは、大きな課題の1つだ。

ハーバードビジネススクールプレスから2009年4月に刊行された書籍「The Adventures of an IT Leader」は、1人の新任CIOの成長を描いた物語だ。IT分野の経験がまったくないままCIOになった、主人公のジム・バートン。彼の体験や言動を通じ、プロジェクト戦略や危機管理、人材確保・維持、ベンダーとの交渉といった、CIOが直面する様々な問題点への対処法を深く掘り下げている。

CIO INSIGHTでは、この物語の著者であるロバート・D・オースティン氏とリチャード・L・ノーラン氏に話を聞いた。オースティン氏は、ハーバード大学CIOエグゼクティブ・プログラムの責任者。ノーラン氏はハーバード大学名誉教授兼ワシントン大学マイケル・G・フォスタービジネススクール教授を務める。コンサルティング会社であるノーラン・ノートン(国際監査法人であるKPMGが買収)の元会長でもある。

CIO INSIGHT:本書の主人公ジム・バートンは、自分の新しい役割であるCIOについて考えるとき、「ITマネジメントとはマネジメントそのもののだ」と力説している。現実の世界でも、経営視点でのマネジメントの考え方をもっと取り入れるべき、と考え始めているCIOは多いのか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

新任CIOが身につけるべきは、無知を知ることと周囲から学ぶ姿勢The Rookie CIO By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 CIO INSIGHTから2本の記事を取り上げる。最初は、新任のCIO(最高情報責任者)にとって必要となる素養に関する記事。洋の東西を問わず、CIOに明確なキャリアパスは存在しない。新たにITリーダーとなった人、または将来的になる人が身につけるべきスキルや考え方を示す。続いて2本めの記事は、プロジェクトマネジメントに関するものだ。大型プロジェクトの成功には、経営陣の積極的なコミットと、プロジェクトチームにおける役割の明確化が必須であると説く。 (本誌)

PAGE TOP