プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[ユーザー事例]

【インタビュー】大和証券、自らリスクを取ってノウハウを蓄積 - 進化するITプラットフォーム Part1

2009年6月10日(水)

新しいITプラットフォームを、いち早く本格導入してきた企業の1社である大和証券。ミッションクリティカルの領域で、実績が少ないシンクライアントやブレードサーバーの採用に踏み切るのはなぜか。同社のCIO(最高情報責任者)である鈴木孝一常務取締役に聞いた。 (文中敬称略) 聞き手:本誌編集長 田口 潤Photo:的野弘路

─ 大和証券は、NECのシンクライアントやイージェネラの高可用性ブレードサーバーなど、新しいIT製品の採用に積極的です。

鈴木孝一氏 鈴木孝一氏 すずきこういち
大和証券 常務取締役
1979年に大和証券に入社して以来、情報システムの要職を歴任してきた。1996年から大和総研で証券システム開発部長や証券グループシステム事業本部基幹システム事業部長を務める。2003年に大和証券システム企画部長に就いた後、取締役システム担当を経て、2008年に常務取締役就任

鈴木: 結論を言えば、その方が理にかなっているんですよ。

金融業界では、何をするにもITを使う必要があります。ところがビジネスのスピードが速く、1、2年で終了するようなケースがある。新しいITを使わなくなってしまうんです。それを別のビジネスに転用しようにも、特定業務向けに設計してあるので難しい。そうでなくても、ベンダーに「そのハードやOSはよく分かりません」と言われたら、除却処分するか黙って放置しておくしかありません。実は、こういう問題が当たり前のように起きていました。

もう1つ、少し以前の話ですが、あるサーバーのディスクに故障が相次ぎました。交換を指示したんですが、そのサーバーは設計が特殊で、搭載していたディスクの容量が数GBしかないことが判明したんです。もう73GBや150GBが当たり前の時代でしたから、当時、「そんなサーバーがあるのか」と驚いた記憶があります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【インタビュー】大和証券、自らリスクを取ってノウハウを蓄積 - 進化するITプラットフォーム Part1新しいITプラットフォームを、いち早く本格導入してきた企業の1社である大和証券。ミッションクリティカルの領域で、実績が少ないシンクライアントやブレードサーバーの採用に踏み切るのはなぜか。同社のCIO(最高情報責任者)である鈴木孝一常務取締役に聞いた。 (文中敬称略) 聞き手:本誌編集長 田口 潤Photo:的野弘路

PAGE TOP