プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

【ストレージ編】仮想化でストレージの投資を最適化 - 進化するITプラットフォーム Part6

2009年6月17日(水)

内部処理の工夫で性能や拡張性を向上 企業が取り扱うデータ量の爆発的増加に伴い、ストレージの機能向上に対する要請は厳しくなっている。こうした状況を受けて、リソースの効率活用や高速処理、利便性向上などをうたうストレージ製品が充実してきた。 (編集部)

日々のトランザクションデータはもちろん、社員や関係者が生み出す大量の文書データや電子メールなど、企業が取り扱うデータは増加の一途だ。2008年に日本版SOX法が施行されて以降、消去すべきでないデータも増えているから、なおさらである。必然的にデータを蓄積するストレージへのニーズは大きくなる。

一方でストレージへの投資を必要に応じて増やすわけにはいかないのも確か。そうした中で、ストレージベンダー各社は、「投資コストや運用コストを削減できる」と銘打ったストレージ製品を相次ぎ投入している。それは一体、どんなものなのか。Part6ではそこに焦点を当てる。大別すると、(1)仮想化技術を活用してストレージの利用効率や実効容量を高めるもの、(2)SSD(半導体メモリーディスク)やVTL(仮想テープライブラリ)を駆使して、データの性質に応じたストレージ階層を形成するもの、に分けられる。

ストレージの仮想化(1)
ディスク容量の無駄を解消
容量追加も容易に

当たり前だが、サーバーと同じくストレージの有効活用に対するユーザー企業のニーズは高い。例えば新システムの設計時には、将来必要となるデータ量を計画し、容量不足に陥らないようにストレージを用意する必要があった。いったん割り当てた論理ボリューム(OSやアプリケーションから見えるディスク容量)や、論理ボリュームが存在するディスクドライブを、あとで変更することが難しいからである。

結果として、専門家の間では「企業が保有するストレージ容量のうち、実際に使われているのは40%程度」というのが通説になっているほどだ。こういった容量設計の難しさや、使われない記憶領域が多い問題を解消する技術として、ここ数年、普及しつつあるのが、「シンプロビジョニング」と呼ばれる仮想化技術である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【ストレージ編】仮想化でストレージの投資を最適化 - 進化するITプラットフォーム Part6内部処理の工夫で性能や拡張性を向上 企業が取り扱うデータ量の爆発的増加に伴い、ストレージの機能向上に対する要請は厳しくなっている。こうした状況を受けて、リソースの効率活用や高速処理、利便性向上などをうたうストレージ製品が充実してきた。 (編集部)

PAGE TOP