プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

【ネットワーク編】広がるネットワークの守備範囲 - 進化するITプラットフォーム Part7

2009年6月18日(木)

柔軟な足回りを確保する製品群 サーバーやストレージの統合・集約が進むにつれて、ネットワークが果たす役割は、従来にも増して大きくなってきている。プラットフォームにおけるネットワークの位置づけを整理すると共に、システムの柔軟性を高めるネットワーク製品の動向をまとめた。

位置づけ
単なる“土管”ではないネットワークの役割

最初に、少なからず残っているネットワークに対する誤解を解消したい。

ここ数年、システム運用の効率向上とコスト削減を目的に、プラットフォームを見直す企業が相次いでいる。しかし多くの場合、焦点は分散して管理が困難になったサーバーと容量の無駄が目立つストレージに置かれている。ネットワーク機器やLANなど通信回線を含んだプラットフォーム全体に踏み込んで、システム統合の方法やメリットを論じるケースは、あまり多くない。

理由の1つは、企業ITから見るとネットワークは実体の見えない“雲”であり、専門家に任せておけばいいように見えること。もう1つは、「ネットワーク機器は各種IT機器を接続する単なる“土管”だ」というイメージが強いからだろう。確かに通信回線や、ルーティングやスイッチングを担う機器は土管の役割を果たしている。

しかし、それはネットワーク機器の表面的な機能に過ぎない。サーバーは高速な演算処理を実行し、ストレージは確実なデータ保管を担う。極端にいえば、それ以外のほとんどはネットワークの守備範囲である。「それ以外」とは、ファイアウオールをはじめとするセキュリティサービス、サーバーの負荷を最適化・軽減するキャッシュサービスや負荷分散サービス、アプリケーション処理の高速化とともに柔軟な制御をするアプリケーション配信サービスなどである(図7-1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【ネットワーク編】広がるネットワークの守備範囲 - 進化するITプラットフォーム Part7柔軟な足回りを確保する製品群 サーバーやストレージの統合・集約が進むにつれて、ネットワークが果たす役割は、従来にも増して大きくなってきている。プラットフォームにおけるネットワークの位置づけを整理すると共に、システムの柔軟性を高めるネットワーク製品の動向をまとめた。

PAGE TOP