[新製品・サービス]

日立情報、仮想PC型のシンクライアントサービス「VMSiCS」の月額利用モデルを発売

2009年6月10日(水)

日立情報システムズ(日立情報)は、同社の仮想PC型シンクライアントサービス「VMSiCS(ヴイエムシックス)」に、シンクライアント一台あたり月額9,800円から利用できるセンターリソース提供型のモデル「VMSiCS on BusinessStage(ヴイエムシックス オン ビジネスステージ)」を追加し、2009年6月9日より発売すると発表した。

自宅などから企業や団体のネットワークへ安全にアクセスできるシステムのニーズが拡大しているなか、同社では、クライアントPCをサーバーで仮想化し、多様なシンクライアント端末からサービスを利用できる「VMSiCS」を2009年より発売してきた。

今回発表の「VMSiCS on BusinessStage」サービスでは、今後、増加が予想される在宅勤務の多様なニーズに柔軟かつ短期間・低コストで対応することを目的に、同社データセンターの仮想化されたITリソース利用によってシンクライアント一台あたり月額9,800円から利用できるというもの(ただし、最低利用台数は10台)。

サービス内容として、仮想クライアントPC一台あたりの仕様は以下のとおり。

  • CPU:1GHz
  • メモリ:1GB
  • ディスク:40GB

同サービスは、ユーザーごとにデスクトップ環境やアプリケーションを利用できる仮想PC型の「VMSiCS」の利点を活かしつつ、必要なときに必要なだけシンクライアントを利用できる柔軟性と、短期間・低コストで利用できる導入の容易性を兼ね備えているとのこと。同社データーセンター内に用意された仮想ITリソースを使うことにより、利用者の急な増減などにもスピーディーに無駄なく対応でき、在宅勤務のIT環境を常に最適なパフォーマンスで利用できるという。また「VMSiCS」と同様に、USB型のデバイス「PocketClient」をPCに差し込んで自宅や外出先のPCをシンクライアント端末として利用することもできる。

同社では、「VMSiCS on BusinessStage」を、情報漏えい対策や在宅勤務のニーズを抱え整備を急ぐ中堅・中小規模の企業・自治体などに拡販していく。


仮想PC型シンクライアントサービス「VMSiCS」
http://www.hitachijoho.com/solution/pai2/vmsics/index.html

日立情報システムズ
http://www.hitachijoho.com/
 

関連記事

日立情報、仮想PC型のシンクライアントサービス「VMSiCS」の月額利用モデルを発売日立情報システムズ(日立情報)は、同社の仮想PC型シンクライアントサービス「VMSiCS(ヴイエムシックス)」に、シンクライアント一台あたり月額9,800円から利用できるセンターリソース提供型のモデル「VMSiCS on BusinessStage(ヴイエムシックス オン ビジネスステージ)」を追加し、2009年6月9日より発売すると発表した。

PAGE TOP