データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本オラクル、顧客情報の連携と統合を支援するマスターデータ管理製品を発表

2009年6月12日(金)

日本オラクルは、分散した顧客データの連携と統合を可能にする、マスターデータ管理製品の最新版「Oracle Customer Hub 8.1」を、2009年6月11日より提供開始すると発表した。

同製品は、従来Siebel社が提供していた顧客情報のマスターデータ管理製品「Siebel Universal Customer Management」を機能拡張し、新たに提供するもの。企業内またはグループ内に散在する顧客情報を、同製品を中核にして各データの主要部分を鍵に紐付けすることで、分散する業務システムの顧客データを連携、統合させることができるという。全社的な顧客データの標準化、統一化とリアルタイムな情報更新が可能になるとのこと。

最新版のOracle Customer Hub 8.1では、オラクルのSOA(サービス指向アーキテクチャ)による異種アプリケーション統合基盤「Oracle Application Integration Architecture」(Oracle AIA)に対応。それにより、オラクルの業務アプリケーション製品「Oracle E-Business Suite」と「Siebel CRM」の顧客データを、Oracle Customer Hub 8.1を活用して統合するために必要な仕組み「Oracle Customer Hub プロセス統合パック」が提供される。同パッケージには、連携に必要となる顧客データの同期、検索や取り出しに関わるデータ項目や動作などの定義や設定が事前に組み込まれ、連携部分の構築期間の短縮を支援する。

Oracle AIAを活用することで、他ベンダー製品で構築されたシステムや独自開発システムなどの異種混在環境においても、Oracle Customer Hub 8.1による顧客データの連携と統合が可能になる。

また、同社では、Oracle Customer Hub 8.1と名寄せツール「TRILLIUM」との連携も強化していく。現在、TRILLIUMの日本販売代理店であるアグレックスとの協業を進めており、日本語環境での技術検証を共同で行っている。検証が完了次第、両製品を幅広く展開していくとのこと。


「Oracle Customer Hub」概要
http://www.oracle.com/lang/jp/master-data-management/cdh.html

「Oracle Application Integration Architecture」概要
http://www.oracle.com/lang/jp/applications/oracle-application-integration-architecture.html

「TRILLIUM」概要
http://www.agrex.co.jp/service/system/customer_trillium.html

日本オラクル
http://www.oracle.co.jp/
 

関連記事

日本オラクル、顧客情報の連携と統合を支援するマスターデータ管理製品を発表日本オラクルは、分散した顧客データの連携と統合を可能にする、マスターデータ管理製品の最新版「Oracle Customer Hub 8.1」を、2009年6月11日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP