デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

ブレインパッド、キャンペーン管理ツール「smartFOCUS」日本語対応版を正式リリース

2009年6月13日(土)

データマイニングのアウトソーシングや最適化技術の開発を手がけるブレインパッドは2009年6月12日、企業のマーケティング・プロセスの可視化と、複数の顧客接点におけるマーケティング活動の管理環境を提供する、統合的なキャンペーン管理ツール「smartFOCUS(スマートフォーカス)」の日本語化対応バージョンを正式にリリースした。

英国smartFOCUS社の提供するsmartFOCUSは、日本ではブレインパッドが独占の総販売代理店となっている。同社によれば、企業のマーケティング活動において、顧客に変化が起こったタイミングを逃さずにアクションを起こすことは大切な要素となる。smartFOCUSは、顧客とのコミュニケーションの履歴管理に豊富な機能を有し、企業がそうしたイベント・ベースド・マーケティングを実践する上で、大変有効なソリューションになるとのこと。

イベント・ベースド・マーケティングでは、顧客に発生するさまざまなイベント(商品の購入、顧客ランクの向上、誕生日、サイト訪問など)から、企業が対応すべき最適なアクション(キャンペーン)を決定するために、さまざまな方法が活用される。smartFOCUSは、キャンペーンごとの対象となる顧客を容易に抽出でき、その後、スケジュールに合わせて配信システムに出力し、キャンペーンの費用対効果(ROI)をレポーティングする。顧客との最適なコミュニケーションを図るキャンペーンのPDCAサイクル(計画・設定・実行・効果測定)を適切に運用することが可能という。

発表によるsmartFOCUSの主な機能は以下のとおり。

■ smart Analyzer(データ抽出機能/キャンペーン管理機能)
直感的なGUI(ベン図)による操作で、キャンペーンの対象顧客リストを高速に抽出。データベースの専門的な知識は不要で、マーケティング担当者はドラッグ&ドロップ操作のみで条件を絞り込んだ顧客リストを抽出し、データ集計をすることが可能。また、抽出されたターゲット顧客に対するキャンペーンの計画、設定から管理までを同一のアプリケーション内で操作することができる。

■ smart REPORTER(キャンペーン効果測定機能)
smartFOCUSに用意されているレポーティング機能。ユーザーのインターフェイスとしてExcelを使用するため、レポート設計を容易に設定できる。また、Excelのテンプレートとして保存すれば定型レポートとして運用することも可能。smart Analyzerで分析した結果や、キャンペーンの効果測定レポートをExcel上で自由に表現できる。

また、smartFOCUSには以下の機能が含まれる。

  • 分散したデータベースからのデータ統合
  • 簡易で高速な条件抽出機能
  • キャンペーン管理機能
  • 多彩なレポーティング機能
  • 他製品との連携(メール配信システム、データマイニングツール、レコメンデーションツールなど)

今後、同社はsmartFOCUSをソフトウェアライセンスとして販売するだけではなく、同社が提供する大量データの解析技術である、データマイニングサービスやWebサイトでのレコメンデーションツールと連携させたマーケティング環境の構築支援サービスを提供していくとしている。

ブレインパッド
http://www.brainpad.co.jp/

 

関連記事

ブレインパッド、キャンペーン管理ツール「smartFOCUS」日本語対応版を正式リリースデータマイニングのアウトソーシングや最適化技術の開発を手がけるブレインパッドは2009年6月12日、企業のマーケティング・プロセスの可視化と、複数の顧客接点におけるマーケティング活動の管理環境を提供する、統合的なキャンペーン管理ツール「smartFOCUS(スマートフォーカス)」の日本語化対応バージョンを正式にリリースした。

PAGE TOP