CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

「コラボレーションの影響力はインターネットに匹敵」-シスコCIO、レベッカ・ジャコビ氏が語る

2009年7月1日(水)

Cisco CIO: Building a Collaboration Network By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 CIOは長い間、コラボレーション技術を単なる実験的なものだと捉えていた。「無いよりもあった方が良い」といった程度の認識だ。だが、不況下で経費削減や生産性向上のプレッシャーが強まる中、コラボレーションをビジネスの推進力に活用しようと考えるCIOが増えてきた。 シスコシステムズのCIOであるレベッカ・ジャコビ氏は、数多くのコラボレーション技術を、先頭に立って社内導入してきた。CIO INSIGHTはジャコビ氏へのインタビューを通し、社内コラボレーションを生産性向上に結び付けるノウハウや、導入におけるCIOの役割を明らかにした。

CIO INSIGHT:景気後退時はIT部門にとってチャンスなのか?

ジャコビ氏 : 変革を推し進める絶好のチャンスだ。経済環境の変化により、これまで変化を受け入れてこなかった分野においても、変革への機運が高まっている。

CIO INSIGHT:社内へのコラボレーション技術の導入はどのように進めたのか?

ジャコビ氏 : シスコでは、Web2.0をうたう技術から、ビデオ会議をはじめとしたコミュニケーション技術まで、多くのコラボレーション技術に投資している。私たちは、これら新技術を全社規模で導入するにあたり、自社のほぼすべてのビジネスプロセスを効率化できる方法を採るよう心がけている。重要なのは、従業員にテクノロジーの利用を強制してはいけないという点だ。従業員が自らの意思で、全世界に散在するリソースを楽しみながら活用できる─。そんな仕組み作りが不可欠だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

「コラボレーションの影響力はインターネットに匹敵」-シスコCIO、レベッカ・ジャコビ氏が語るCisco CIO: Building a Collaboration Network By Brian P. Watson 翻訳 : 古村 浩三 CIOは長い間、コラボレーション技術を単なる実験的なものだと捉えていた。「無いよりもあった方が良い」といった程度の認識だ。だが、不況下で経費削減や生産性向上のプレッシャーが強まる中、コラボレーションをビジネスの推進力に活用しようと考えるCIOが増えてきた。 シスコシステムズのCIOであるレベッカ・ジャコビ氏は、数多くのコラボレーション技術を、先頭に立って社内導入してきた。CIO INSIGHTはジャコビ氏へのインタビューを通し、社内コラボレーションを生産性向上に結び付けるノウハウや、導入におけるCIOの役割を明らかにした。

PAGE TOP