リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[最前線]

高度情報化社会の実現へ-情報システムの信頼性とセキュリティを高めよ

2009年7月3日(金)

「高度情報化社会における情報システム・ソフトウェアの信頼性及びセキュリティに関する研究会の中間報告書」より 経済産業省はITの信頼性とセキュリティに関する産学官共同の研究会を発足し、「豊かで安全・安心な高度情報化社会の実現に向けて」と題する中間報告書をまとめた。 高度情報化社会に求められる、システムの信頼性とセキュリティとは、どのようなものか。 信頼性とセキュリティを高めるうえで、産学官の協調体制はどうあるべきか。 A4サイズ130ページにわたって課題と提言を整理した中間報告書の内容からとりわけ重要な項目を抜粋して、その要点を紹介する。

我が国の経済は、非常に厳しい状況にあり、情報システムに対する投資は減速傾向にある。しかし、より効率的で効果的な経済活動の実現や新しい需要を掘り起こすため、ITを活用した新たな挑戦の芽は静かに膨らみ続けている。

経済的苦境という長いトンネルの先には、高度情報化社会の到来が控えている。あらゆるサービス・製品が連携し、それにより創造的で多様なサービスが生まれる。そして我々の生活をさらに豊かなものにしていくはずだ。

その一方で、見えないリスクが拡大しているのも事実である。高度情報化社会に向かう過程で、我々の生活は今まで以上に広く深く情報システム・ソフトウェアに依存してきている。同時に、情報システム・ソフトウェアは大規模化・複雑化が急速に進んでいる。このことは、情報システムのマネジメントを一層難しくし、障害の影響範囲が今までと比較にならないほど広く深刻なものになることを意味しているからだ。

経産省が2008年11月に設置した「情報システム・ソフトウェアの信頼性及びセキュリティに関する研究会」は、そうした問題意識の下、今を時代の転換点と捉え、情報システム・ソフトウェアの信頼性およびセキュリティのあり方を問い直してきた。加えて、社会が求める信頼性およびセキュリティの水準を満たすうえでの各種課題を整理し、政策の方向性を提言する検討を進めてきた(研究会メンバーについてはページ最下段を参照)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

高度情報化社会の実現へ-情報システムの信頼性とセキュリティを高めよ「高度情報化社会における情報システム・ソフトウェアの信頼性及びセキュリティに関する研究会の中間報告書」より 経済産業省はITの信頼性とセキュリティに関する産学官共同の研究会を発足し、「豊かで安全・安心な高度情報化社会の実現に向けて」と題する中間報告書をまとめた。 高度情報化社会に求められる、システムの信頼性とセキュリティとは、どのようなものか。 信頼性とセキュリティを高めるうえで、産学官の協調体制はどうあるべきか。 A4サイズ130ページにわたって課題と提言を整理した中間報告書の内容からとりわけ重要な項目を抜粋して、その要点を紹介する。

PAGE TOP