[要求仕様の美学]

ブレーンストーミング、KJ法、マインドマップ 発想法のエッセンスを理解する(第10回)

2009年7月6日(月)福田 修(テクノロジー・オブ・アジア 代表取締役)

前号では「発想力」について解説した。それに続いて今回は、発想力を引き出し、問題の解決策を導くための発想法を説明する。4つあるが、基本はどれもシンプル。適材適所で使い分けてほしい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
バックナンバー
要求仕様の美学一覧へ
関連キーワード

KJ法

関連記事

Special

-PR-

ブレーンストーミング、KJ法、マインドマップ 発想法のエッセンスを理解する(第10回)前号では「発想力」について解説した。それに続いて今回は、発想力を引き出し、問題の解決策を導くための発想法を説明する。4つあるが、基本はどれもシンプル。適材適所で使い分けてほしい。

PAGE TOP