[モチベーションを科学する]

チーム内の異質性を保ち、知恵のぶつかり合いを促進する(第10回)

2009年7月8日(水)

凡人を賢者に変える プロジェクトを率いるITリーダーは誰しも、知恵が次々にわき出るチームを夢見ることだろう。しかし、メンバーが自分なりに考え、学び合う風土のないチームで「何か斬新な知恵を出せ」と言っても無意味。今回は、メンバー間の知の相互作用を促すためのポイントを解説する。

「強く関わり深く考えると、知恵が出る。中途半端に関わりあまり考えないと、愚痴が出る。関わっているふりをして全く考えないと、言い訳が出る」。これは、私が講演の際によく持ち出す、メンバーの言動からチームの強さを見極めるときの指針である(図1)。

図1 メンバーの日ごろの言動から、チームの将来が見えてくる。言い訳の多いチームは崩壊を待つばかりだ
図1 メンバーの日ごろの言動から、チームの将来が見えてくる。言い訳の多いチームは崩壊を待つばかりだ

詳しく説明しよう。積極的に知恵を出したり、周囲と議論し行動したりするメンバーは、自分自身も組織も成長させる。自分のミッションだけを黙々とやり、周囲とのコミュニケーションを極力避けようとするメンバーは、自分以外のメンバーに対して不満を持つだけで、個人も組織も成長させない。さらに、自分のやるべきことさえろくにやらないで、出来ない理由ばかり並べるメンバーは、チームを崩壊させる。

マネジャーやリーダーとしては当然、知恵を出すメンバーを多く育ててチームを強化したいと考えるだろう。そこで今回は、知恵がわき出るチームを形成するためのポイントを考えていきたい。

野球型かサッカー型か

一言でチームと言っても規模や期間などは様々だが、筆者は役割分担とマネジメントから大きく2種類に分けられると考えている。「野球型チーム」と「サッカー型チーム」である(図2)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
モチベーションを科学する一覧へ
関連記事

チーム内の異質性を保ち、知恵のぶつかり合いを促進する(第10回)凡人を賢者に変える プロジェクトを率いるITリーダーは誰しも、知恵が次々にわき出るチームを夢見ることだろう。しかし、メンバーが自分なりに考え、学び合う風土のないチームで「何か斬新な知恵を出せ」と言っても無意味。今回は、メンバー間の知の相互作用を促すためのポイントを解説する。

PAGE TOP