[新製品・サービス]

運用負荷の軽減やサーバー資源の有効活用が可能に

2009年7月8日(水)

アプリケーションスイッチ NetScaler MPX、同VPX/ シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年6月8日、アプリケーションスイッチ製品「NetScaler MPX」の新モデルを発表した。同製品は、Webアプリケーションの負荷分散やファイアウォール、性能監視、キャッシングなど複数の機能を持つソフトをあらかじめインストールしたサーバーアプライアンス。負荷分散などの機能を個別に設置する必要がないため、短期導入や、運用管理の負荷軽減といった効果を期待できる。

シトリックス・システムズ・ジャパンのアプリケーションスイッチNetScaler MPX5500

発表したのは下位機「NetScaler MPX5500」と、中位機「同7500」と「同9500」。いずれも1Uサイズのラック型サーバーを採用した。下位機はデュアルコアのプロセサを搭載し、アプリケーション層(L7)で500Mbpsのスループット性能を備える。中位モデルはクアッドコアのプロセサを搭載し、スループット性能は1Gbpsか3Gbps。

シトリックスは同日、仮想環境で使うソフトウェア版のMPX「NetScaler VPX」も発表した。同社のサーバー仮想化ソフト「XenServer」上で動く。仮想化したWebアプリケーションとアプリケーションスイッチを1台の物理サーバーに集約して、プロセサやメモリーの使用効率を高められる。

MPX5500と同7500は6月8日に受注を開始し、同9500とVPXは2009年7月〜9月に受注を始める。価格はNetScaler MPX5500が198万円(税別)から、同7500が363万円(同)から。

関連記事

運用負荷の軽減やサーバー資源の有効活用が可能にアプリケーションスイッチ NetScaler MPX、同VPX/ シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年6月8日、アプリケーションスイッチ製品「NetScaler MPX」の新モデルを発表した。同製品は、Webアプリケーションの負荷分散やファイアウォール、性能監視、キャッシングなど複数の機能を持つソフトをあらかじめインストールしたサーバーアプライアンス。負荷分散などの機能を個別に設置する必要がないため、短期導入や、運用管理の負荷軽減といった効果を期待できる。

PAGE TOP