CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[調査・レポート]

大企業でもCIOを任命しているのは14%にとどまる——JUAS「企業IT動向調査2009」より

2009年7月9日(木)

「Cクラスのエグゼクティブ」─。それは三流の経営者のことでも、ドイツ製某高級車のシートに身を沈める経営者のことでもない。CEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)、CIO(最高情報責任者)など、頭に「Chief」を冠する役職に就く経営トップのことだ。

中でも当誌に最も関係が深いのは、経営方針に基づいた情報戦略やIT投資を統轄するCIOである。元々は、経営陣のプロフェッショナル化が進んだ米国で生まれた役職だが、ITの重要性が高まる中、国内でもCIO、またはそれに相当する担当役員が必要だとする声が聞かれるようになってきた。

では実際のところ、どのぐらいの企業がCIOを任命しているのだろうか。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が実施した「企業IT動向調査2009」から、最新の数字を紹介しよう。調査の対象は、東証一部上場企業を中心とした企業で、852社から回答が寄せられた。

この中で従業員が1000人を超える企業(270社)を見ると、「役職として定義されたCIOがいる」との回答は14%にとどまる。しかし、「IT部門・業務を担当する役員が相当する」との回答は66%あり、約8割は役員クラスがIT戦略に関与する体制を持つようだ。

ただし、その役員の経験やコミットメントの状況については、いささか心許ない結果も出ている。1000人以上の企業のCIO(あるいは相当するIT担当役員)に対して、IT関連業務の経験年数を尋ねた問いでは、50%が「経験がない」と答えた。「5年以上」の経験を有する人は21%に過ぎない。過去の主な経歴(複数回答)では経理/財務、経営企画が上位に挙がった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

大企業でもCIOを任命しているのは14%にとどまる——JUAS「企業IT動向調査2009」より「Cクラスのエグゼクティブ」─。それは三流の経営者のことでも、ドイツ製某高級車のシートに身を沈める経営者のことでもない。CEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)、CIO(最高情報責任者)など、頭に「Chief」を冠する役職に就く経営トップのことだ。

PAGE TOP