法制度対応/CSR 法制度対応/CSR記事一覧へ

[市場動向]

図で見るIFRS対応ロードマップ—Part1

2009年7月10日(金)

財務報告の世界標準に向けサイは投げられた 動き出す国内企業も出現 2005年、欧州では上場企業にIFRSを強制適用。これが1つの呼び水となり、米国、そして日本もIFRSを適用する姿勢を明らかにした。過去〜将来に向けての動き、日本企業の意識、そして対応の方法を図解で理解しよう。

2015年に強制適用になる見通し

欧州は2005年、域内上場企業にIFRSを強制適用した。これに続き、米国も2014年に国内上場企業にIFRSを強制適用する。欧州、米国という2大経済圏の動きに、日本も追随せざるを得ない。現在、日本では自国の会計基準をIFRSに近づける「コンバージェンス」が進行中だ。

図1-1 IFRSをめぐる最近の動き
図1-1 IFRSをめぐる最近の動き(画像をクリックで拡大)

上場企業91社が任意適用を検討中

日本経済団体連合会は2009年3月、日本の上場企業におけるIFRS適用への取り組み状況に関する調査を実施した。回答企業385社のうち12社が「任意適用を前向きに検討したい」とした一方で、全体の半数は「強制適用で対応したい」と回答。企業間の温度差を感じさせる結果となった。

図1-2 日本企業のIFRSに対する意識
図1-2 日本企業のIFRSに対する意識

IFRS適用3つの意義

「IFRS対応を機にシステムインフラ整備や業務効率化を進め、経営改革の取り組みへとつなげるとなおよい」(デロイト トーマツ コンサルティングの中村明子シニアマネジャー)。

図1-3 IFRS導入のプロジェクトスコープ
図1-3 IFRS導入のプロジェクトスコープ

会計情報の持ち方はこう変わる

「情報の一元性と税務の効率化を両立させるには、IFRSと日本基準それぞれに準拠したシステムを併存させる『複数元帳モデル』が望ましい」(アクセンチュア IFRSチームの鈴木大仁パートナー)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

図で見るIFRS対応ロードマップ—Part1財務報告の世界標準に向けサイは投げられた 動き出す国内企業も出現 2005年、欧州では上場企業にIFRSを強制適用。これが1つの呼び水となり、米国、そして日本もIFRSを適用する姿勢を明らかにした。過去〜将来に向けての動き、日本企業の意識、そして対応の方法を図解で理解しよう。

PAGE TOP