法制度対応/CSR 法制度対応/CSR記事一覧へ

[市場動向]

企業経営へのインパクトと意義—Part2

2009年7月13日(月)

知的資本社会を推進する新たな物差し 長期的に取り組む意志を IFRSは、私たちがこれまでなじんできた会計基準とは全く異なる価値観に基づき策定されている。本パートでは、IFRS導入が日本の企業経営にもたらす意義や影響を述べる。

IFRSという会計基準の発祥はどちらかと言えばアカデミックなものであり、決して最初から世界標準となるだけの力を持ち合わせていたわけではない。しかし、世界のGDP(Gross Domestic Product:国内総生産)の30%を占める欧州が2005年にIFRSを域内上場企業に強制適用したことで、流れは大きく変わった。

IFRSは、会計基準のデファクトスタンダードとなるべく確実に適用国を増やしている。日本の上場企業にIFRSが適用されることはほぼ間違いない。

IFRSが立脚する価値観は、私たちが慣れ親しんできた従来の会計基準とは全く異なる。ここではこの価値観の違いという視点から、IFRSの特徴を大きく3つ取り上げ、企業経営にとっての意義を概観する。

経営判断とその結果をガラス張りに

日本の会計基準が基づいているのは、売上と費用から利益を計算し、それを事業活動の結果として見なすというPL(損益計算書)中心の考え方である。これを、「収益費用アプローチ」と呼ぶ。これに対して、IFRSはBS(貸借対照表)を重視し、事業資産の増減で事業活動を計測する「資産負債アプローチ」を採っている。これが、IFRSの第1の特徴である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

企業経営へのインパクトと意義—Part2知的資本社会を推進する新たな物差し 長期的に取り組む意志を IFRSは、私たちがこれまでなじんできた会計基準とは全く異なる価値観に基づき策定されている。本パートでは、IFRS導入が日本の企業経営にもたらす意義や影響を述べる。

PAGE TOP