[イベントレポート]

中小企業における情報化の実際--IT活用ではなく、まず足下を見直す

2009年7月23日(木)

中小企業のIT活用は本来、どうあるべきか─。実はこの問自体が間違っている。IT活用で先行する中小企業の経営者はいったんITから離れ、改めて足元を見直すアプローチを採っているからだ。今回は「J-SaaS」を題材に、中小企業の取り組みを見る。

図1 枚岡合金工具の社長である古芝保治氏 図1 枚岡合金工具の社長である古芝保治氏

枚岡合金工具は大阪・天王寺に本社を構える資本金1000万円の金型メーカーだ。1949年にボルト、ナットの製造で創業し、現在の売上高は約2億円。従業員数は正社員が13人、非常勤役員やパート・アルバイトまで含めて20人強である。典型的な地場の中小企業といっていい。

普通の町工場と違うことの1つは、冷間鍛造、超硬合金の微細仕上げなど特殊な金属部品加工技術を保有していること。このため取引先リストには自動車メーカーや家電メーカー、建設業など著名企業が並ぶ。

もう1つは部品を作る金型の図面を自社開発したファイリングシステムでデータベース化し、検索可能にしていることだ。詳細は後述するが、図面は9万以上あるからシステム化の利点は多い。加えてそのシステムを「デジタルドルフィンズ」の名で外販するなど、ITを経営に活用。経済産業省が実施したプログラム「中小企業IT経営百選」の2006年度最優秀賞に選ばれた。

一方、経済産業省が日本の中小企業の経営高度化を目指し、今年3月末にスタートさせた「J-SaaS」というサービス。普及・啓蒙のため、同省は3月中に全国100カ所でセミナーを開催した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

中小企業における情報化の実際--IT活用ではなく、まず足下を見直す中小企業のIT活用は本来、どうあるべきか─。実はこの問自体が間違っている。IT活用で先行する中小企業の経営者はいったんITから離れ、改めて足元を見直すアプローチを採っているからだ。今回は「J-SaaS」を題材に、中小企業の取り組みを見る。

PAGE TOP