データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

1000ラック収容可能なデータセンター

2009年7月23日(木)

データセンター 第2データセンター第I期棟/ アイネット システム開発やアウトソーシング事業のアイネットは2009年5月27日、神奈川県横浜市にデータセンター「第2データセンター第I期棟」を開設したと発表した。免震構造の建物に、冗長構成にした電源や空調設備を配備して災害対策を施した。非接触ICカードや瞳の虹彩による生体認証技術、防犯カメラなどを採用して、入退室のセキュリティも高めた。約1000ラックのシステムを収容できる。

アイネットは6月に、同センターを使ったシステムのアウトソーシングやホスティングサービス、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型サービスを開始した。仮想化ソフト大手ヴイエムウェアの「VMware vSphere 4」を導入して、仮想サーバーのホスティングやデータセンター間の連携サービスを提供する。さらに、中堅中小企業向けERP(統合業務)ソフト「NetSuite」を手掛けるネットスイートと提携。データセンターの顧客向けにSaaS方式でNetSuiteを提供する。

表 データセンターの概要 ※UPS:無停電電源装置
電気設備 受電方式 特別高圧6万6000V、本線・予備線2系統受電
発電設備 N+1並列冗長構成で停電時48時間連続運転が可能。燃料自動給油システムも採用
UPS N+1並列冗長構成
空調設備 空調方式 インバータ空調機、床吹き上げ方式、N+2冗長構成
セキュリティ 生体認証(虹彩認証)、非接触ICカード、フラッパーゲート、マントラップ、ITVカメラ
運用体制 24時間365日有人対応
関連記事

1000ラック収容可能なデータセンターデータセンター 第2データセンター第I期棟/ アイネット システム開発やアウトソーシング事業のアイネットは2009年5月27日、神奈川県横浜市にデータセンター「第2データセンター第I期棟」を開設したと発表した。免震構造の建物に、冗長構成にした電源や空調設備を配備して災害対策を施した。非接触ICカードや瞳の虹彩による生体認証技術、防犯カメラなどを採用して、入退室のセキュリティも高めた。約1000ラックのシステムを収容できる。

PAGE TOP