[ユーザー会通信]

ユニシス研究会【日本ユニシス】(第10回)

2009年7月24日(金)

毎年20を超えるグループで活発な研究活動を展開する 50年以上の歴史をもつ老舗ユーザー会 「ユニシス研究会」は「日本で最も歴史の長いIT関連のユーザー会」である。同研究会の源は1953年に創設された「レムランド研究会」(レミントン・ランド式パンチカードのユーザー会)である。その後、日本ユニバック(設立当初は日本レミントン・ユニバック)が設立されて「ユニバック研究会」となり、88年には日本ユニバックとバロースが合併、その翌年に現在の「ユニシス研究会」が誕生した。発足当初から数えると、50年以上の歴史を持つ。

同ユーザー会の特徴は、活発な研究活動だ。産業別、技術別の研究部会を立ち上げ、会員およびユニシス社員も交えて企業活動全般におけるIT活用に関する広範なテーマで、積極的に研究活動を繰り広げている。6月〜翌年2月までの約9カ月間で、8〜15回ほどの会合を持つという。

活動成果は翌年3月に開催される研究活動発表会で披露する。2008年度は19テーマ27グループが活動した。今年度は20テーマを用意。「システムグラウンドデザイン(システムの基本構想策定)」「不況下に求められる経営管理」などのマネジメント層向けのものから、「グリーンICT」「クラウドコンピューティング」「ユビキタス2.0」などの旬な話題や先進テクノロジーをテーマにしたもの、品質管理やデータ管理、RFPなどのリーダー・現場担当者向けのものまで、バラエティに富んだテーマが用意されている。

変わったところでは、入社4〜5年目の若手技術者を対象にした研究活動や、今年度から女性限定の活動がある。後者の女性限定の活動では、女性が社会でいきいきと働き続けるための「ワークライフバランス」についての研究活動を予定している。最近では支部活動でも女性向けITセミナーが活発に行われ、女性参加者も増えているという。

研究活動以外の主な活動としては、支部活動や全国カンファレンス(春)やフォーラム(秋)、海外スタディ・ツアーなどがある。北海道から九州まで全国10カ所の支部では、各地域の特性を活かして活動を実施。支部の中には東北支部などのように広範なエリアを対象とした支部もある。同ユーザー会では場所という制約条件を緩和するため、テレビ会議システムを導入し、誰でも容易に活動に参加できるような工夫を凝らしている。これも老舗ユーザー会ならでは配慮だろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

ユニシス研究会【日本ユニシス】(第10回)毎年20を超えるグループで活発な研究活動を展開する 50年以上の歴史をもつ老舗ユーザー会 「ユニシス研究会」は「日本で最も歴史の長いIT関連のユーザー会」である。同研究会の源は1953年に創設された「レムランド研究会」(レミントン・ランド式パンチカードのユーザー会)である。その後、日本ユニバック(設立当初は日本レミントン・ユニバック)が設立されて「ユニバック研究会」となり、88年には日本ユニバックとバロースが合併、その翌年に現在の「ユニシス研究会」が誕生した。発足当初から数えると、50年以上の歴史を持つ。

PAGE TOP