アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

アイログ、製造業向けソリューションの最新版「IBM ILOG PPO 3.2」を発表

2009年6月27日(土)

IBMグループで、ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術、サプライチェーン・アプリケーションで企業の迅速な意思決定を支援するアイログは2009年6月26日、製造業向けソリューション「IBM ILOG Plant PowerOps」(以下、IBM ILOG PPO)の最新版「IBM ILOG PPO 3.2」の提供を開始すると発表した。IBM ILOG PPO 3.2は、IBMならびにIBMビジネスパートナー経由で同日より販売される。

アイログの最適化技術をベースとしたサプライチェーン・アプリケーションであるIBM ILOG PPOは、プロセス製造業やプロセス加工工程のある製造業を主なターゲットとし、生産計画と詳細スケジューリング立案を中心とするソリューションである。特に、複雑な製造工程を持つプロセス製造業固有の制約条件を精密にモデル化し、現状に即した最適なプランとスケジュールの策定を可能する。

最新版では旧版のIBM ILOG PPO 3.1で追加された、需要変動から動的に安全在庫を把握できる機能をさらに強化(安全在庫目標に基づいて生産計画を立てる従来型の方法に比べて、在庫コストの25%、段取り替えに関わるコストの27%削減が認められた(当社比))。この機能強化により、生産ライフサイクル全体が最適化され、サービスレベルを考慮した、より品質の高い生産計画の作成が可能になる。

その他、計画作成部門(生産計画担当者)と生産現場(工場責任者)の双方が、同期しながらwhat-if分析によるビジネスシナリオを作成・分析できる機能をさらに強化した。ユーザはこれらのシナリオを重要生産指標(KPI)と比較することで、事業目標を効率よく達成できる計画案を選択することができる。さらに、計画/スケジュールの変更機能も強化され、柔軟に生産スケジュールを変更できるほか、修正したプランへの評価・検証もより簡単に行うことができるようになった。このような最新版のパフォーマンス機能によって、旧版と比べ、生産計画担当者が潜在的な問題解決にかかる時間を、最大5倍(当社比)短縮することが可能になった。

「IBM ILOG Plant PowerOps 3.2(アイ・ビー・エム・アイログ・プラント・パワーオプス3.2)」の製品ライセンスは、1工場あたり1380万円から(税込み)。
動作環境は、Microsoft Windows XP。


アイログのサプライチェーン・アプリケーションについて
http://www.ilog.com/products/supplychain

アイログ
http://www.ilog.co.jp

関連記事

アイログ、製造業向けソリューションの最新版「IBM ILOG PPO 3.2」を発表IBMグループで、ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術、サプライチェーン・アプリケーションで企業の迅速な意思決定を支援するアイログは2009年6月26日、製造業向けソリューション「IBM ILOG Plant PowerOps」(以下、IBM ILOG PPO)の最新版「IBM ILOG PPO 3.2」の提供を開始すると発表した。IBM ILOG PPO 3.2は、IBMならびにIBMビジネスパートナー経由で同日より販売される。

PAGE TOP