[新製品・サービス]

リコー、サーバーの導入・構築から運用サポートまでの「NETBegin SVパック」を発売

2009年6月27日(土)

リコーは2009年6月26日、ITサービス総合メニュー「ITKeeper(アイティキーパー)」に加わる新サービスとして、中小事業所におけるサーバーの導入・構築から運用サポートまでをパック化した「NETBegin(ネットビギン) SVパック」の提供を同日より開始すると発表した。

新サービス「NETBegin SVパック」では、リコー100%出資のITサービスプロバイダー「リコーテクノシステムズ」のカスタマーエンジニアが、サーバーの導入・設置およびソフトウエアのインストール・設定を実施する。導入後も顧客先に訪問して、データのバックアップ動作の確認をするほか、ハードウエア障害時にはバックアップデータを用いてシステム稼動状態に復旧する支援を行う(「NETBegin SVパック 導入保守DX」の場合)。さらに、ヘルプデスクで障害の切り分けからハードウエア修理の手配、操作問合せまでを一元受付するなど、専任のサーバー管理者の確保が難しい中小事業所でも安心して利用できるサービスになっている。

なお、「NETBegin SVパック」は、サーバーの導入・構築から運用サポートを行う「導入保守」メニューと、サーバーの保守・運用サポートのみの「保守」メニューを用意しており、それぞれにサーバーシステム保守として、「初期導入状態への復旧(ST:スタンダード)」または「システム稼動状態への復旧(DX:デラックス)」メニューがある。顧客のニーズに合わせて組み合わせて選ぶことができる。

「NETBegin SVパック」の主な特長は次のとおり。

1. サーバーの導入・構築から運用サポートまでをパック化
サーバーの導入・構築から保守・運用支援までをパック化したトータルサポートを提供。これにより、専任のサーバー管理者の確保が難しい場合でも、安心して利用できる。

2. 充実したサービス内容

  • 環境設定シート作成
    運用管理で必要となる設定詳細書を作成。
  • 導入・構築サービス
    ハードウエアの導入・設定、Microsoft Windows Server OSおよびソフトウエアのインストールを実施。ソフトウエアの対象は、バックアップソフトウエア、ウィルス対策ソフトウエア、無停電電源装置管理ソフトウエア。
  • 定期点検サービス
    カスタマーエンジニアによる訪問定期点検を年2回提供。その際に、重要データがスケジュール通りにバックアップされているかの動作確認を実施。
  • ハードウエア保守サービス
    大手主要メーカーのサーバー(IBM、HP、富士通、日立製作所)およびメーカー純正の無停電電源装置(バッテリーは除く)、キーボード、マウス、モニターをハードウエア保守の対象機器とし、ハードウエアに障害が発生した場合は、保守を実施。
  • サーバーシステム保守サービス
    Microsoft Windows Server OSおよびソフトウエアを対象とし、サーバーシステムに障害が発生した場合は、再インストールを実施。また、バックアップデータを用いたシステム稼動状態への復旧支援(DXタイプのみ)を実施。
  • ヘルプデスクサービス
    ハードウエア障害から、Microsoft Windows Server OSおよびソフトウエアの操作問合せまでのサーバー運用をサポート。訪問が必要と判断した場合には、全国に配置されたカスタマーエンジニアによる訪問保守を実施。

一括払い時の契約料金(税別)は次のとおり。
サーバー本体の機種により、エントリークラスとミドルクラスに分かれる。
契約期間は、3年契約または4年契約の2パターンを選択できる。
支払い方法は、一括支払いまたは月額支払いの2パターンから選択できる。
サーバー本体、付随するハードウエア、アプリケーションソフト、ライセンスの価格は含まない。

3年契約の場合
「NETBegin SVパック 導入保守ST」は、エントリータイプ53万円、ミドルタイプ59万円。
「NETBegin SVパック 導入保守DX」は、エントリータイプ74万円、ミドルタイプ80万円。
「NETBegin SVパック 保守ST」は、エントリータイプ42万円、ミドルタイプ48万円。
「NETBegin SVパック 保守DX」は、エントリータイプ63万円、ミドルタイプ69万円。

4年契約の場合
「NETBegin SVパック 導入保守ST」は、エントリータイプ 59万4000円、ミドルタイプ 66万6000円。
「NETBegin SVパック 導入保守DX」は、エントリータイプ 84万6000円、ミドルタイプ 91万8000円。
「NETBegin SVパック 保守ST」は、エントリータイプ 49万5000円、ミドルタイプ 56万7000円。
「NETBegin SVパック 保守DX」は、エントリータイプ 74万7000円、ミドルタイプ 81万9000円。

月額支払いの場合
「NETBegin SVパック 導入保守DX」のエントリークラスで3年契約は、初期費用 14万円、月額費用 2万900円。

リコーは今後、年間3,000事業所への販売を目指すとしている。


リコー
http://www.ricoh.co.jp/

関連記事

リコー、サーバーの導入・構築から運用サポートまでの「NETBegin SVパック」を発売リコーは2009年6月26日、ITサービス総合メニュー「ITKeeper(アイティキーパー)」に加わる新サービスとして、中小事業所におけるサーバーの導入・構築から運用サポートまでをパック化した「NETBegin(ネットビギン) SVパック」の提供を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP