[新製品・サービス]

日本IBM、ネットワークの仮想化を実現するブレード用ソフトウェアを発表

2009年7月3日(金)

日本IBMは2009年7月2日、ネットワークに接続しているブレード・サーバーが壊れた際に自動的に代替ブレードをネットワークに接続したり、新規に追加したブレードやブレード・シャーシを自動的にネットワークに接続できる、ブレード・サーバーのネットワークの仮想化を実現するソフトウェア「IBM BladeCenter Open Fabric Manager(BOFM) V3.0」を発表した。BOFMは、最大で1400台分のネットワーク・アドレスをあらかじめ設定でき、ネットワークの切り替えや接続の自動化が可能なため、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)やクラウド・コンピューティング・システムの管理を容易にする。

BOFMは、ネットワーク・アドレスの仮想化を行い、需要に応じてネットワーク構成を拡張できる機能(プロビジョニング)を備える。「Basic」と呼ばれるブレード・シャーシにあらかじめ導入されているソフトウェアが、ブレード・サーバーのMACアドレスやWWNなどを仮想化して設定し、ブレード・サーバーがネットワークを介して他のサーバーやストレージに容易に接続可能にする。さらに、「Advanced Upgrade」と呼ばれるソフトウェアを、ブレードを管理する無償のシステム管理ソフトウェア「IBM System Director V6.1」を搭載した管理サーバーに導入することで、新しいブレード・サーバーのネットワークへの接続や切り替えを自動的に行えるようにする。

BOFM V3.0により、この機能が最新インテル Xeonプロセッサー5500番台を搭載した「IBM BladeCenter HS22」にも搭載できるようになった。また、従来のバージョンでは、新規に追加したブレード・サーバーやブレード・シャーシのネットワークへの接続の際には、手動で仮想アドレスの設定を行う必要があったが、V3.0は、新しいブレード・サーバーやシャーシを追加した際、仮想アドレスの設定が自動的に更新され、ネットワーク設定を自動的に行うことができる。

同製品のライセンス価格は「Basic」が24万1,500円(税込)、「Advanced Upgrade」が31万5,000円(税込)で、同日より販売される。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/
 

関連記事

日本IBM、ネットワークの仮想化を実現するブレード用ソフトウェアを発表日本IBMは2009年7月2日、ネットワークに接続しているブレード・サーバーが壊れた際に自動的に代替ブレードをネットワークに接続したり、新規に追加したブレードやブレード・シャーシを自動的にネットワークに接続できる、ブレード・サーバーのネットワークの仮想化を実現するソフトウェア「IBM BladeCenter Open Fabric Manager(BOFM) V3.0」を発表した。BOFMは、最大で1400台分のネットワーク・アドレスをあらかじめ設定でき、ネットワークの切り替えや接続の自動化が可能なため、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)やクラウド・コンピューティング・システムの管理を容易にする。

PAGE TOP