[新製品・サービス]

日本IBM、1本のケーブルで複数のネットワークに接続可能なブレード用スイッチを発表

2009年7月7日(火)

日本IBMは2009年7月6日、IBMのブレードサーバー「IBM BladeCenter」が、インターネットなどイーサネットからのデータと、ストレージなどファイバーチャネルからのネットワークの両方に、1本のケーブルでデータ転送できるようにするための通信装置(スイッチ)「BNT 10ポート 10Gb イーサネットスイッチモジュール for IBM BladeCenter」を発表した。

同社によれば従来、ブレードサーバーがインターネットに接続する際は、TCP/IPプロトコルのイーサネットケーブルを使って通信を行い、ストレージに接続する際は、主にファイバーチャネルのプロトコルによって、光ファイバーケーブルで通信していた。

同スイッチ製品をブレードシャーシに搭載し、ブレードサーバーと接続することで、1本のイーサネットケーブルの中で、インターネットへのデータ転送とストレージへのデータ転送を同時に行えるようになる。これは、イーサネットの規格で定められた長さに分割した転送データのパケット内にファイバーチャネルの信号を一体化させ、ファイバーチャネルプロトコルで通信する「Fiber Channel over Converged Enhanced Ethernet(FCoCEE)」と呼ばれる技術によって実現しているとのこと。

データ転送速度は、イーサネットおよびファイバーチャネルでは業界最速の毎秒10ギガビット(10Gbps)となり、「IBM BladeCenter H」のシャーシに同製品を4個搭載した場合では、毎秒1.92テラビットと、従来製品より約9%増の速度での通信が可能。また、同製品の外部接続の性能については、外部接続ポート数が従来の6本から10本に増加、通信速度は従来の約1.7倍の毎秒100ギガビットとなる。

同社では、同製品によって物理的に1本のケーブルと1個のアダプタで複数のネットワークに接続できることから、ケーブルやアダプタ数の削減、システムの消費電力の削減に加え、保守や管理も容易になるとしている。ただし、ストレージネットワークのようなファイバーチャネル環境と接続する場合には、接続先において、FCoCEEとファイバーチャネルプロトコルを変換するための変換装置(ゲートウェイ機能のついたスイッチ)を接続し、分岐させる必要があるとのこと。

同製品の価格は165万9,000円(税込み)、7月6日より販売する。出荷開始は7月15日の予定。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/
 

関連記事

日本IBM、1本のケーブルで複数のネットワークに接続可能なブレード用スイッチを発表日本IBMは2009年7月6日、IBMのブレードサーバー「IBM BladeCenter」が、インターネットなどイーサネットからのデータと、ストレージなどファイバーチャネルからのネットワークの両方に、1本のケーブルでデータ転送できるようにするための通信装置(スイッチ)「BNT 10ポート 10Gb イーサネットスイッチモジュール for IBM BladeCenter」を発表した。

PAGE TOP