[新製品・サービス]

アクセンチュア、日本オラクル本社内にオラクルソリューションの提供拠点を開設

2009年7月9日(木)

アクセンチュアと、日本オラクルは2009年7月8日、オラクルソリューションの戦略立案からシステム導入・運用までを支援する拠点として、「アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター」をアクセンチュアが東京都港区にある日本オラクル本社内に開設し、業務アプリケーションにおける包括的な協業を開始することを発表した。

オラクルのITソリューションと、アクセンチュアのコンサルティング能力、プロジェクト運営スキル、世界中で蓄積された情報資産、さらにオラクルのアプリケーション実装とテクノロジー・ソリューションの開発経験をすべて融合することで、顧客の企業経営をビジネスとITの両面から支援する一貫したサービスを提供していく。

同センターは、顧客のビジネスのさらなる成長支援を目的とし、「経営に貢献するIT」のキーワードを掲げて、顧客のビジネス革新に有効なソリューションの提案、構築、導入支援を行うとのこと。当初は、オラクルの統合計画ソリューション「Enterprise Sales & Operation Planning(E-S&OP)ソリューション」、および国際財務報告基準(IFRS)対応ソリューションの2つを主要領域に活動する。

同センターでは、2009年中に「E-S&OP業務モデルソリューションパック」、および「IFRS対応オラクルソリューションパック」の構築を行う予定。日本オラクルは、製品と技術情報の提供や本社開発部門との連携、情報交換、製品機能や技術に関する要求申請を支援し、アクセンチュアによる迅速なソリューション開発に協力するとしている。

「E-S&OP業務モデルソリューションパック」は、事業計画とサプライチェーン・オペレーションの連携により、経営の意思決定を、調達、製造、販売などの現場へリアルタイムに反映させる仕組みを提供する。ビジネスモデルの提案に留まらず、オラクルの中堅企業向けERP「Oracle E-Business Suite」、需要予測管理アプリケーション「Oracle Demantra」、予実管理アプリケーション「Oracle Hyperion Planning」、ミドルウェア製品「Oracle Fusion Middleware」などの具体的なITソリューションも併せて示すことで、企業の持続的な収益拡大を後押しするとのこと。

「IFRS対応ソリューションパック」は、国際的な潮流であるIFRSの制度適用を、経営管理業務を変革するチャンスと捉え、日本市場向けに迅速かつ適切な経営判断を行うためのビジネス変革ソリューションを、ERPパッケージの「Oracle E-Business Suite」や、財務管理アプリケーション「Oracle Hyperion Financial Management」をはじめとして、オラクルの最新アプリケーションと組み合わせて構築する。会計コンバージェンスの対応に加えて、企業全体を連結レベルで「見える化」し、ビジネス環境の変化に強い企業体質を顧客とともに実現するとのこと。

アクセンチュアは2008年4月に、オラクルアプリケーション全般に関するスキルや、サプライチェーン管理(SCM)領域における導入実績を持つ株式会社ソピアの全株式を取得。アクセンチュア オラクル・イノベーション・センターの開設によって、アクセンチュアの日本市場におけるオラクルソリューションへの提案、導入および運用能力が強化され、顧客の業種や業務内容に合わせた直接的なビジネスソリューションの開発が可能になったとしている。


アクセンチュア
http://www.accenture.com/jp/

日本オラクル
http://www.oracle.co.jp/
 

関連記事

アクセンチュア、日本オラクル本社内にオラクルソリューションの提供拠点を開設アクセンチュアと、日本オラクルは2009年7月8日、オラクルソリューションの戦略立案からシステム導入・運用までを支援する拠点として、「アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター」をアクセンチュアが東京都港区にある日本オラクル本社内に開設し、業務アプリケーションにおける包括的な協業を開始することを発表した。

PAGE TOP