[新製品・サービス]

スキルアップジャパン、PaaS型の動画配信プラットフォーム「ULIZA」を携帯対応に

2009年7月12日(日)

スキルアップジャパン(SUJ)は2009年7月10日、PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」に携帯配信機能を搭載したことを発表した。NTT docomoの携帯(WVGA対応端末)に対応している。PCや携帯でのマルチデバイス視聴が可能になったことで視聴者は、好きなデバイスを使って動画配信を「いつでもどこでも」中断なしに見ることが可能になる。

ULIZAは、プラットフォームをサービスとして提供するPaaS(Platform as a Service)型の動画配信プラットフォームサービスで、XML通信による遠隔地でのエンコードや、各種ファイルフォーマットへの同時6系統エンコードが可能。ULIZAのビデオ管理画面では、GUI操作での配信設定ができ、コンテンツ管理・広告管理・会員管理などを一元管理して、ユーザー行動解析を把握することもできる。同サービスの主な特徴は以下のとおり。

■「いつでもどこでも」を実現する“Play Anywhere”機能
すでに発表していたPCでの動画配信機能に加え、今回の携帯での動画配信機能においては、デバイス(PC・携帯)やストリーミングファイルを変更しても、別のデバイスやファイルから続けてストリーミングビデオを再生できる“Play Anywhere”機能を搭載。それによりたとえば、家庭のPCで見ていたビデオを、通勤電車など外出先で、PCで止めたところから携帯で「いつでもどこでも」再生することが可能となる。

■高画質へのこだわり
今回、携帯での動画配信はJavaアプリケーションを利用して構築し、放映時間の長いコンテンツにも対応できる。また、開発パートナー会社であるイーフローとの技術提携により、一般的な動画圧縮のMotion JPEG方式を使用せず、ULIZA独自の圧縮方式、データ配信方式を採用。不安定な携帯電話回線であっても、滑らかで高画質な映像配信が可能になる。

■配信準備作業の自動処理
ULIZA PC版と同様に、SUJで独自開発した遠隔地操作自動エンコーダ「En-cluster」に対応しており、携帯動画配信での配信準備作業も効率的に運用できる。

■導入とデザイン
システムの導入は手軽にでき、管理画面から発行したURLを携帯ホームページからリンクを張るだけで導入可能になる。また、携帯プレイヤーのデザインも、管理画面でコンテンツごとに手軽に変更が可能。

なお、携帯対応キャリアは、NTT docomo(WVGA対応端末)。携帯アプリ機能は以下のとおり。

  • Play Anywhere機能
  • 動画再生機能
  • サイト認証機能(コンテンツID、端末UIDにて認証)
  • テキスト、バナー広告表示機能
  • ビデオ広告表示機能
  • コンテンツメタ情報表示機能
  • スキンチェンジ機能
  • ログ機能

同社は今後、ゲーム機やSTBなど各種マルチデバイスでの配信環境を提供できるよう、“Play Anywhere”機能の拡張をしていくとのこと。


イーフロー
http://www.eflow.jp/

スキルアップジャパン
http://www.skillupjapan.co.jp/index.asp
 

関連記事

スキルアップジャパン、PaaS型の動画配信プラットフォーム「ULIZA」を携帯対応にスキルアップジャパン(SUJ)は2009年7月10日、PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」に携帯配信機能を搭載したことを発表した。NTT docomoの携帯(WVGA対応端末)に対応している。PCや携帯でのマルチデバイス視聴が可能になったことで視聴者は、好きなデバイスを使って動画配信を「いつでもどこでも」中断なしに見ることが可能になる。

PAGE TOP