[新製品・サービス]

日本IBM、エンタープライズ・クラウド稼働環境の統合製品を発表

2009年7月15日(水)

日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は2009年7月14日、エンタープライズ・プライベート・クラウドやデータセンターにおいて、設置から数日でクラウド環境が利用可能となる新製品「IBM CloudBurst (クラウドバースト) V1.1」を発表した。提供開始予定は、8月18日。

IBMはこれまで、「エンタープライズ・プライベート・クラウド」と、「パブリック・クラウド」を推進してきたが、今回クラウド・コンピューティング向けの製品・サービス群を「Smart Business」として統合。「Smart Business」は、クラウド・コンピューティング・サービス群の「Smart Business Services」と、クラウド・コンピューティング向け製品群の「Smart Business Systems」で構成される。今回発表の「IBM CloudBurst V1.1」は、企業のクラウド・コンピューティング環境構築を支援する「Smart Business Systems」のひとつになる。

「IBM CloudBurst V1.1」は、企業内のクラウド・コンピューティング環境やデータセンター内において、ファーストステップとして迅速な環境構築やパイロットの実現に必要なサーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアをあらかじめ組み合わせた製品と、その導入サービスをパッケージしたソリューションである。導入サービスには、機器の設置、各種パラメーターの設定、顧客への教育などが含まれる。エンタープライズ・クラウドのための3技術要素である仮想化ソフトウェア、自動化テクノロジーと標準化を実現するサービスカタログとセルフサービス・ポータルを装備しており、ITサービスメニューの拡張が容易になる。

これまでITインフラのクラウド化には、システム要件の決定や設計と構築で数カ月かかっていたが、本製品の導入により、数日でクラウド環境を実現できる。またIBMの社内事例では、従来、平均5日間かかっていた導入・構築時間を、平均20分以内に短縮し、加えてサーバーの台数を77%、運用管理者の人数を87%削減している。

「IBM CloudBurst V1.1」の参考価格は、2448万7500円(税抜)。

構成製品(クラウド稼働環境に必要な構成をすべて含む)は次のとおり。

ソフトウェア
IBM CloudBurst service management pack
IBM Tivoli Provisioning Manager v7.1
IBM Tivoli Monitoring v6.2.1
IBM Systems Director 6.1.1 with Active Energy Manager
IBM DS Storage Manager for DS4000 v10.36
LSI SMI-S provider for DS3400
IBM ToolsCenter 1.0
VMware VirtualCenter 2.5 U4
VMware ESXi 3.5 U4 hypervisor

ハードウェア
IBM System Cluster1350 42U エンタープライズ ラック
IBM System x3650 M2 システム・マネージメント サーバー
IBM BladeCenter HS22 クラウド・マネージメント ブレード
IBM BladeCenter H シャーシー (イーサーネット、FCスイッチ 二重化)
IBM BladeCenter HS22 ブレード (サーバープール用 3枚)
IBM System Storage DS3400 FC ストレージ

クイック・スタート・サービス
IBM CloudBurst 基本パッケージ(システム) 導入・設定
IBM CloudBurst 基本パッケージ(Tivoli系) 導入・設定
セルフサービス・ポータルの構成
顧客への概要ハンズオン・トレーニング


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

関連記事

日本IBM、エンタープライズ・クラウド稼働環境の統合製品を発表日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は2009年7月14日、エンタープライズ・プライベート・クラウドやデータセンターにおいて、設置から数日でクラウド環境が利用可能となる新製品「IBM CloudBurst (クラウドバースト) V1.1」を発表した。提供開始予定は、8月18日。

PAGE TOP