[新製品・サービス]

チェック・ポイント、セキュリティ管理分野のSoftware Bladeに「SmartWorkflow」を追加

2009年7月18日(土)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(以下、チェック・ポイント)は2009年7月17日、ポリシー変更管理の機能を提供する新しいSoftware Bladeである「SmartWorkflow」を発表した。このSmartWorkflowと先ごろ発表されたSmartProvisioningは、セキュリティ管理Software Bladeのラインナップを拡充する新製品である。

SmartWorkflowの導入により、セキュリティ管理者は、セキュリティ・ポリシーの変更管理機能を追加し、既存のセキュリティ・インフラストラクチャを拡張することが可能となる。本製品は、セキュリティ管理コンソールにおけるポリシー変更の追跡、承認、および監査のプロセスを自動化することにより、設定ミスを最小限に抑え、ネットワーク・セキュリティの整合性を高めることができる。また、自社のポリシーや規則の遵守を支援するレポーティングと監査の機能も備えている。

セキュリティ管理者は、全社にわたって一貫性のあるセキュリティ・ポリシーを適用し、エラーやポリシー設定ミスが発生する可能性を抑えることができる。SmartWorkflowでは、ポリシー変更の一連のワークフロー(新しいセッションの作成、セッションの編集、セッションの変更のレビュー、セッションの承認申請、承認の取得、変更の適用)を単一の管理コンソールで実行できる。また、承認申請の前にレポートを素早く作成して変更、追加、削除の内容を確認したり、変更を比較してポリシーを以前の状態に戻したりすることも可能。

SmartWorkflowは、チェック・ポイント独自のSoftware Bladeアーキテクチャ上で動作する。Software Bladeアーキテクチャは、幅広いハードウェア上で動作する集中管理可能な統合ゲートウェイに、必要なセキュリティ機能だけを選択して組み込めるようにするものである。既存のセキュリティ・インフラストラクチャに目的の機能だけを柔軟に導入できるため、一般的なセキュリティ・ソリューションに比べTCOを低く抑えることができる。

SmartWorkflow Software Bladeは7月17日より受注が開始され、チェック・ポイント正規販売代理店を通じて購入できる。


SmartWorkflow Software Blade の詳細
http://www.checkpoint.co.jp/products/softwareblades/smartworkflow.html

Software Blade アーキテクチャの詳細
http://www.checkpoint.co.jp/products/softwareblades/architecture/index.html

チェック・ポイント
http://www.checkpoint.co.jp

関連記事

チェック・ポイント、セキュリティ管理分野のSoftware Bladeに「SmartWorkflow」を追加チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(以下、チェック・ポイント)は2009年7月17日、ポリシー変更管理の機能を提供する新しいSoftware Bladeである「SmartWorkflow」を発表した。このSmartWorkflowと先ごろ発表されたSmartProvisioningは、セキュリティ管理Software Bladeのラインナップを拡充する新製品である。

PAGE TOP