[新製品・サービス]

日本IBM、プランニング/スケジューリングアプリケーション構築支援製品を発売

2009年7月24日(金)

日本IBMは2009年7月23日、最適化技術を応用したプランニング/スケジューリング・アプリケーションのカスタム構築を簡易化し、企業の意思決定を支援する新製品「IBM ILOG Optimization Decision Manager(ODM)Enterprise 3.3」を開発し、2009年7月24日より出荷すると発表した。

同社が2009年1月に買収を完了した ILOG社は、従来より一般の開発者が最適化技術を応用し、あらゆる制約条件を踏まえて作成された膨大な数のシミュレーションから最適解を算出し、プランニング/スケジューリングを行うアプリケーションを開発できる「ILOG Optimization Decision Management System」を提供してきた。

同社は、「ILOG Optimization Decision Management System」に新機能を追加し「IBM ILOG ODM Enterprise」としてリニューアルした。同製品は、大規模エンタープライズ向けのプランニング/スケジューリング・アプリケーション構築でのコーディングが不要になり、開発者がより迅速かつ容易に構築可能とする。また、エンド・ユーザー向けの機能が追加され、エンド・ユーザーもデータやルール、目標といった“シナリオ”を共有しながら開発を進められる。

今回新たに追加されたのは以下の機能。

  1. シナリオを格納し、そのシナリオを複数のユーザーが共有することで、エンド・ユーザーが効率的に開発に協力することが可能になるコラボレーション機能を持つ「ODM Repository」
  2. 企業の標準のIT環境/要求に沿った、堅牢で拡張可能なアプリケーション実行環境であり、各種機能を一元管理し運用を容易にする「ODM Optimization Server」機能

このほか、以前から提供してきた、what-if分析やシナリオ比較を行うためのガントチャート、ピボットテーブルやダイアグラムといったGUI作成機能や、Eclipseによる統合開発環境、さらに20年以上の実績があるアイログの最適化エンジン「IBM ILOG CPLEX」と「IBM ILOG CP Optimizer」も組み合わせ、意思決定支援アプリケーションのカスタム構築に必要な全ての機能を網羅する。

同製品は、拡張性の高いサーバベースの最適化問題解決のため「IBM WebSpher Application Server」に対応する。また、大容量のシナリオ(データ、ルール、目標など)を格納・共有するため「IBM DB2」に対応し、高い拡張性と利便性を提供する。

同製品の使用料金は、1ユーザーあたり1,430万円(税抜)から。

日本IBM
http://www.ibm.com/jp/ja/

 

関連記事

日本IBM、プランニング/スケジューリングアプリケーション構築支援製品を発売日本IBMは2009年7月23日、最適化技術を応用したプランニング/スケジューリング・アプリケーションのカスタム構築を簡易化し、企業の意思決定を支援する新製品「IBM ILOG Optimization Decision Manager(ODM)Enterprise 3.3」を開発し、2009年7月24日より出荷すると発表した。

PAGE TOP